MBS「報道特集 旧優生保護法・北海道で何が」を見て。
NHKの番組やTVアサヒはどう伝えたのか
騙されるな!宮城県60代女性の強制不妊手術は親が望んだ手術だった
有料老人ホーム「京都ヴィラ」は盗人ホーム@へ   BACK   NEXT

 

最近、たびたび新聞の見出しで(私は讀賣新聞をとっていますが)、旧優生保護法とか強制不妊手術というような見出しを見るようになりました。詳しい説明はなく、よくわからなかったのですが、たまたま4月7日にMBSでの、報道特集がこの問題を取り上げていましたので、録画をしました。
しかし、あまり良く理解出来ませんでしたし、不審に感じる点もありました。一緒にこれを見ていきましょうか。

膳場 : 特集です。障害者などへの強制的な不妊手術を可能にした旧優生保護法、仙台地裁で、国を相手取った裁判が行われ、その実態を示す記録が次々と開示されています。
手術件数が最も多い北海道で何があったのか、取材しました。


女性ナレーター : 札幌市西区で一人暮らしをしている小山内美智子さん(64)。生まれつきの脳性麻痺で、両手が使えず車椅子生活をしている。小山内さんは、日々の想いをブログに綴っている。この日、口述筆記で書いたのはおよそ50年前、中学生だった頃に不妊手術を受けさせられそうになった経験だ。

尚、この特集では明示されていませんが、小山内美智子さんは札幌・西区のNPO法人・札幌いちご会の「理事長」だということです。また女性ナレーターは小山茉美さんだということです。番組内容は青色で文字起こしをおこない、この引用に対して、私の感想などは、いつも通り黒色で表記いたします。

小山内さん : 母に「子宮をとった方がいいね」と言われ、軽い気持ちで「うん、そうだね。あったって使わないもんね」と言ってしまった。

女性ナレーター : 不妊手術を持ちかけられた小山内さん、病院に向かうため母親とタクシーに乗り込んだ。しかし・・・。

小山内さん : 「母さん、やっぱり行くの嫌だよ、行かないよ」と言うと、母が「ごめん、ごめん。母さんが悪かった。間違ってた」と言って、私を抱きしめて泣いていた。

女性ナレーター : 母親は、その後二度と手術の話を持ち出すことはなかった。

男性ナレーター : 優生上の見地から不良な子孫の出生を防止する。

番組では資料の一部を画面に映し出し、その内容を要約して、男性ナレーターが読み上げるというかたちで進行していきます。

女性ナレーター : 戦後の1948年に成立した優生保護法。障害者が障害者を必ず生むという医学的に誤った考えと、差別的な優生思想に基づき、知的障害者らへの強制的な不妊手術が行われた。障害者を差別する法律だなどとして、1996年に廃止されたが、それまでのおよそ50年間に16500件もの強制的な不妊手術が行われた。そのうち北海道はおよそ2600件と全国で最も多い。
小山内さんは当時を、こう振り返る。

小山内 : みんな言わないけどね、いっぱいやってたよ、お母さんとの暗黙の了解で・・・。悲しすぎる。悲しい、ほんとに悲しい。

悲しすぎると嘆く小山内美智子さん。

この番組を見せられた視聴者の方は、この小山内さんのような人が、以前なら優生保護法という法律で、国によって強制的に不妊手術を受けさせられていたのだと誤解してしまうかもしれませんね。
勿論、そんなことはありませんでした。強制ではなかったのは、後で見るように、小山内さんは出産し、息子さんがいらっしゃることからも明らかですね。
脳性麻痺というのは、遺伝的な病気ではなく、出産時の原因不明の理由から生じてしまう障害なのです。
勿論、旧優生保護法の対象にもなっていません。
小山内さんは画面からもわかるように、身体的にはご不自由ですが、知的障害者では勿論なく、前述のように、NPO法人の理事長をなさっているぐらいの「しっかりした」方です。
小山内さんの身体がご不自由なので、将来、出産して子育てしていくことになれば大変だと、お母さんが思いつめられて、不妊手術を受けさせようと考えられたというのが真相なのでしょう。みんな言わないけどね、いっぱいやってたよ、お母さんとの暗黙の了解で・・・。というのは、国と障害者の間の了解ではなく、お母さんと障害者の間の了解なのです。

女性ナレーター : 全国で行われた旧優生保護法による障害者への強制不妊手術。1956年、北海道は強制手術が1000件を超えたことを記念し、冊子を作っていた。

男性ナレーター : 優生保護法は民族衛生の見地からして真に大きな意義を有するものである。

女性ナレーター : 冊子は強制手術を受けた6人の事例を挙げ、差別的な表現で手術を行った理由について記している。

母も妹も分裂症
弟は実妹殺し。理由無く徘徊
精薄三代女の乱れた家庭

男性ナレーター : 精神薄弱の場合に特にひどい。生来の怠け者。野放しにされていることは由々しき問題。

女性ナレーター : 本来なら支援すべき障害者やその家族を社会の負担として排除する考え方だ。(北海)道は保健所ごとに優生保護の相談室を設けたほか、学校、児童相談所、警察署などが協力し、隅々まで法律を徹底しようとした。当時の知事は議会で、こう答弁していた。

男性ナレーター : 不幸な子どもを生まない道民運動を展開致しまして、異常児出生の防止対策を行い、母子保健推進活動の強化などを行っております。

瞬間的に映る家系図などを見ても、或る精神薄弱の女性は、母親が精薄で実父は行方不明、義理の父親との間に子供を8人も分娩し、家事も炊事もほとんど出来ないという有様で、その子も2人を除いて、皆精神薄弱者で、福祉事務所の世話で何とか生きていたとのこと。義理の父が死亡後に人口中絶をし、その後不妊手術をしたようです。これを述べている報告書を一切説明もせず、差別的表現ということで片付けてしまう番組には違和感を抱かざるを得ませんでした。(何度も見ましたが、正確にはわかりませんでした。したがって、間違った個所があるかもしれません。)

女性ナレーター : 手術すべき障害者を見つけ出すため保健士が家庭訪問するよう指導した。手術はどんなものだったのか。
83歳の男性産婦人科医は、およそ50年前、勤務していた公立病院で、20歳くらいの女性の強制不妊手術をした。

この産婦人科医 : (両親が)「妊娠したら困るから、不妊手術お願いします」ということで、頼まれたら、その当時としては、せざるを得なかった。

女性ナレーター : 女性には重度の知的障害と聴覚障害があったが、本人の気持ちを聞く機会は無かったという。

産婦人科医 : ほとんどしゃべれないのだから。アー、アー言うぐらいであんまり・・・、そういう子が生まれないように、避けるということが本人にも、家族にも、社会的にもね、良かったのではないかということで、こういう優生保護法が出来ているわけですからね。

重度の知的障害と聴覚障害を合わせ持つこの女性に、手術の意味を説明したり、了解を得たりするのは不可能と思えるほど困難なことであり、またその兄弟姉妹や親族までもが、このような遺伝的な因子を持ち、同じように重度の障害を持つ子ができるかもしれないという理由で、結婚もできないなどと思われたり、思うような重度の障害者の場合には、むしろ望ましい手術ではなかったのではないでしょうか。

子どもが生まれてきても、親として育てるのも大変でしょう。戦後、戦地から復員してきた多くの男性で人口も過多となり、また、それにともなって出生児も急激に増え、貧困と食糧難で生存者も生き延びることが困難だった時代、生存者優先、親が育てるのを忌避したような精神薄弱児から不幸な子どもが生まれないような手術をしてあげたのです。
勿論、障害者を殺してしまおうということではないのです。

今でも精神病で暴れるからというので座敷牢のような部屋を作って閉じ込め、世間に知られることのないように、身内だけの秘密にしようとするケースが後を絶ちません。

最近ニュースになったのも、息子が精神病で暴れるからというので小部屋を作って、閉じ込めたが、壁をたたいて暴れ、騒ぐので、近所に迷惑をかけたり、また精神障害者がいることを知られるのが嫌で、この小部屋の中に、さらに小さな狭い檻のようなものを新たにつくり、長年育てていたということでした。
そのため、この精神病の男性は檻が低いため、立ち上がることもできず、食事の時や入浴以外の時は、ほとんど身動きもできず、寝たままで、精神的にも身体的にも大きなダメージを受けていたという悲劇的な出来事が明らかになりましたね。

強制的不妊手術というのは、遺伝性の劣悪な精神疾患を持つ子どもに不妊手術を行いたい親、親族などに代わって、国が行った手術なのではないでしょうか。精神病の患者を殺すというのではなく、不妊手術をしてあげたわけです。生存者ファーストだったわけですね。

前ページで書いたように、配給米制度の下では、配給米だけでは栄養不良で餓死してしまうような時代ですから、真面目な裁判官は配給米しか食べず、餓死してしまったという事実もありました。今の時代とは異なります。
その代わりに、生まれてきてしまった者については障害者入所施設を少しでも多くつくって、親の負担が少なくなるように努めたのでしょう。
生まれてきた障害者の養育を、家族が嫌がるのなら、国がより多くの入所施設をつくって、そこで引き受けるようにしたのでしょう。
当時としては、立派な福祉政策だったのでしょう。

戦後の混乱期ですから、それまでに苦労して手に入れた土地、田畑も国は取り上げ、水呑百姓などに配り与え、財産は財産税で取り上げたり、新円を発行して貯めていたお金は無価値にしてしまったり、緊急時にはいろいろ不合理なことが行われたのでした。
しかし、それを今頃になって、不合理だ、謝罪して返却しろなどというものはおりません。

息子を、夫を、父を兵士としてとられ、戦死されてしまったという方が数多くおられた時代のことです。当時としては、有りがたられた手術だったのでしょう。
親というのは自分が食えなくなったら、娘を女衒に売り飛ばすなど、平気でやる奴もいるのです。こうした例は昔から珍しいことではありませんでした。

強制としているのは、同じ程度の精神病の患者でも、その親によっては不妊手術を受けさせたり、受けさせなかったり、経済的な理由や親の無知などで差が出ないようにとの思いだったのではないでしょうか。
あの親は自分の産んだ精神薄弱児に、薄情にも不妊手術をさせたんだという差別を他人から受けないように、国は努めたのでしょう。手術をしたのは国からの「お達し」だったので、仕方なかったというように弁解できるように配慮したのでしょう。
障害者の子どもを持ち、とまどっている親に、不妊手術というのも特例として、ありますよと教えてあげたのでしょう。上の産婦人科医が話しているように、アー、アーと言うことしかできない女性を放置しておくと、男に強姦されたりして出産することになると、生まれてくる子どもも、本人も、家族や社会も嬉しくない結果となることから、善意で取り計らったのでしょう。強制手術という優しい言葉で包んであげて、親の後ろめたさを隠してあげたのでしょう。

勿論障害者が男性の場合には誰彼なく強姦しまくるようなこともあり、本人は刑務所に放り込めばよいのですが、被害者となる女性にとっては被害が少なくなるからという思いだったのでしょう。

戦後は特に朝鮮人などが騒乱事件を起こしたり、駅前の一等地を不法占拠したり、その他、米軍人による強姦事件も多発した時代でしたので、ややこしい人間には親に代わって不妊手術をしてあげたのでした。朝鮮人犯罪者を韓国は引き取らず、刑務所は満杯でもあったのです。これを食わせていくのも大変な時代だったのです。警察もアメリカによって無力化されていたのです。

優生保護法というのは、「優生上の見地から不良な子孫の出生を予防するとともに、母体の生命健康を保護することを目的とする」というものだったのですが、これは「不妊手術」や「人工中絶」が許される条件を示した法律でもあったのです。

刑法には「堕胎罪」というのがありますが、これに対して、重度の遺伝的と思われる知的障害者を生む可能性のある場合には、本人の意思で、または保護者の意思で中絶することを許可してあげた、また予防的に不妊手術をすることを許可してあげたということなのでしょう。

また不妊手術ではなく、子どもを産んでも、経済的に育てられないと主張する女性のために母体保護という名目で人工中絶まで認めてあげるようになったのでした。これは子殺しとほゞ同義です。
当時の女性たちは「人工中絶をするのは女性の権利だ。生む生まないのは女性の自由だ。」と主張したのでした。
そういう風潮の中で、産婦人科医も闇の堕胎手術で、随分、金を溜め込みました。

同じく当時、「遺伝的に悪質な病気の子供が生まれてくる可能性が高いので、不妊の手術を可能にしてくれ」と要求する女性も多かったのでした。これに対して、国は病名の一覧表を掲げ、これに当てはまる場合は配偶者(事実上の者も含む)の同意を得て、指定医に申し込めば、医師は手術をしてくれる手筈になっているという法律を決めていたのでした。

更に女性たちは、精神分裂症などの男に強姦された場合には、一方的に女性が犠牲になり。当の男性犯罪者はと言えば、心神耗弱と言うことで無罪になってしまうので、こうした男は事前に不妊手術を強制的にして欲しいとの要望が強く、これは女性だけでなく社会全体の要望でもあったので、特別悪質な遺伝性の精神病者には強制不妊手術を医者や裁判官などから構成される審査会で「適」と認められれば可能となったのでした。

現在でも、幼女をかどわかして性暴力に及ぶような変態者、女性の部屋に忍び込んで、(転勤先でも)常習的に強姦するNHKの職員・弦本康孝の例、や女性宅に押し入り、何度も強姦しただけでは足らず、被害女性を大型バッグに入れて、自宅まで持ち帰り、強姦を繰り返した「金平和(NHKは山元平和と日本人に変えて放送)」など、恐ろしい奴がおりますが、戦後直ぐは、もっともっと恐ろしい、無法状態だったのでした。
また強く悪質な精神病の女性の場合には被害者にもなり、望まれぬ子供を生んだり、あるいは加害者となって、放火のような重罪を犯す可能性も強く、社会が強制不妊手術を望んだのでした。

ハンセン病も強制不妊手術の対象になっていましたが、患者も、家族や社会から恐れられ、差別され、生きていくのは困難であったから、隔離して、保護してあげたのでした。病気に感染した人は本当にお気の毒でしたが、親や親族までもが逃げ出すような、恐ろしい病気なのでした。

こんな顔をした兄弟姉妹を持った人は、他人からは、感染してしまうと恐れ、逃げられ、結婚も出来ず、また自分たちも感染してしまうと恐れ、患者から逃げたのです。治療薬も治療法も確立されてきたとは言え、一般の恐れは簡単に消え去ったわけでは無かったのです。戦後は朝鮮の患者が当地で同胞に殺されるのを恐れて日本に多く逃げ込んできましたので、日本の国は手厚く、隔離、保護してあげたのでした。

また相模原障害者入所施設「津久井やまゆり園」での加害者は以前、この施設の職員であったのでしたが、この職員自身が精神障害者であったわけです。麻薬の常習者でもあり、言動もおかしいので施設を辞めさせられ、精神病院に措置入院させられていたのに、いとも簡単に病院は出してしまっていたということでした。
こういう社会のほうが困ります。
措置入院を中止するにしても、親や精神科医や警察などが責任を持ってアフターケアしていかなければなりません。
ところが、親は監視も保護もせず、持ち家の一軒家に、狂人一人で住まわせ、車まで使わせていたのです。おまけに、こいつは生活保護までもらっていたということでした。
親は教員と漫画家ということでしたが、お詫びもしません。勿論、息子が精神病患者であるのは親の責任ではありませんが、放置しておくのですから、無責任です。
これだけの大事件なのに、その後詳しくは報道されなくなってしまいました。植松聖は在日なのでしょうか。日本人の、こういう状態の人物は通常、生活保護は受けられません。
病院も警察なども機能していなかったのでした。

これほど精神病患者の家族は名前や顔などが表に出ないように保護されているのです。
このとき、被害者の名前も発表されませんでした。(勿論、被害者の家族が困るということを慮ってのことなのです)。

犯人・植松聖は「意思疎通できない」入所者は殺したほうが良いと主張していたようですが、これは駄目ですが、「意思疎通」できない知的障害者に不妊手術をするようなことは、それほど間違ったことだとは思いません。
「津久井やまゆり園」のような重度知的障害者施設の中の様子、日常の様子は外部からは窺い知ることはできませんが、多分おぞましいものだったと想像できます。男女乱れての性行為、これに介護職員も交わっての乱交・・・。恐ろしいことです。

女性ナレーター : 強制手術は道の担当部長や医師会会長、大学の精神科教授、家庭裁判所の判事などで構成される優生保護審査会がその可否を決める。JNNは情報開示請求によって、審査会の決定通知書など1129人分の記録を入手した。

男性ナレーター : 家族の希望について「希望しない」とあり、このことは優生手術の意義が将来の遺伝の問題点などの理解が乏しいためと思われるので保健所において説得に努める。

女性ナレーター : 手術は地域の精神科医が申請し、審査会が「適」と判断すると行われる。

男性ナレーター : 保護者が出稼ぎに出ているため、同意を得ていないので一応「適」とするが、同意を得てから手術を実施すること。

合法的に、適法に行われているのではないでしょうか。

女性ナレーター : しかし実際には、家族の同意が得られなくても強制的に手術が行われたケースもあった。
札幌市北区に住む76歳の男性、幼い頃、小児マヒになり右足が不自由だ。19歳の時、旧優生保護法によって不妊手術を受けたと訴える。

不妊手術を受けたという小島喜久夫さん。強制だったのか!?

76歳の男性 : (手術から)50年になるわな。言わなかった、誰にも。誰にも言わなかった。

女性ナレーター : 男性は札幌市内の精神科の病院で精神障害と診断され、精管を切除する手術を受けたと言う。

76歳の男性 : 「障害者だし優生手術しないと”そういう子ども”が生まれたら困るでしょ」と言われた。いや、そんなことしたら困ると言うと「いいから」と無理矢理さあ・・・。

幼い頃小児マヒになったということですが、勿論これは強制不妊手術とは関係ありません。この男性は報道によっては(朝日系、毎日系など)、実名を出して裁判をしたいというように決意なさっているということで、実名表記されていますので、小島喜久夫さんと、ここでも実名を出しますが、番組で明らかなように精神障害と診断されて、精管切除手術をされたと主張されているわけです。
強制的に精管切除手術をされたぐらいの人なら、精神障害そのものは何も治療しなくて治っているとは、素人には考え難いことなので、多分病院で精神障害の治療を続け、そこでのカルテが残っているのではないでしょうか。
身元不明の遺体が歯科病院の、保管されたカルテで身元が判明することがよくありますが、精神病患者のカルテも通常の病院のカルテとは違って、長く保管されているようにも思われます。
精神病が明らかになるのは家族や周りの人が判断して、精神科医の診察を受けさせるからであって、自分からはあまり自発的には行かないのではないでしょうか。(自分から精神病院に行くのは性同一性障害の診断書が欲しい人ぐらいなのではないでしょうか)。
この小島喜久夫さんは、画面を見て想像すると、18,9歳の頃に住居侵入や強姦などの性犯罪行為を常習的に繰り返したからではないのかと、つい邪推してしまうほどです(笑)。

あるいは、小島さんは私より2・3歳上ですが、私が大学生の頃は、雑誌などで、「精管切除手術をすれば、面倒な避妊をしなくても良いから・・」という病院の広告をよく目にしましたので、自発的に手術したのではなかろうかとも勘ぐってしまいます。(建て前の上では、既に子どもを持ち、配偶者の同意が必要ということでしたが・・・)。
特に、子どもを持ってしまえば、自分から不妊手術を、パイプカットをした人は、そう珍しくなかったような時代でした。

しかし先の朝日系のネットの報道では、(下に示しています)、記事内容がブレテ、精神科医師の診察を受けずに、精神分裂病として強制的に手術を受けたと述べているのですから、警察が主体として、手術をしたのだろうと、やっぱり思ってしまいます。
(下は朝日デジタル版をコピー、引用したもので、下線のついた語句はリンクしていません。尚、養親が持て余して、警察と相談の上、精神病院に連れて行ったのかもしれませんね。この場合には、親族は同意していることになりますし、国が強制したことにはなりませんね。患者が未成年、強度の精神病の場合は本人の同意は必要無かったのでした)。


わざわざ診断をせずとも、精神病院では「やった行為」から精神分裂病とわかったのでしょうか。手術をしたのは多分、泌尿器科なのでしょう。生後すぐに養子にもらった男の子がワルくなってきて、警察沙汰になることが多くなったので不妊手術を受けさせようと、警察と相談して精神病院に連れて行き、そこから審査会に申請が出され、「適」と判定されたのでしょう(これは憶測です)。
家族は養子なのですから、遺伝的な繋がりが無いので、手術さえしておけば、自分たちの責任や負担はずっと軽くなると思ったのでしょう。未成年の場合は本人の同意は必要なかったのでした。

小島喜久夫さんは、遺伝性の精神病でないと主張していますが、生後間もなく養子で引き取られたので、遺伝かどうかはわからないでしょう。

続きは有料とのことですので、ここまでだけ引用しておきます(笑)。

テレビを見た範囲では、私には精神病には見えませんでした。多少、ワルであったというふうには見えなくはなかったですが・・・(笑)。
しかし、そうした出来事があったから・・・と裁判を起こすということなのですから、この方が裁判を起こすというのなら、反対する理由は私にはありません。

女性ナレーター : 今年1月、強制手術は憲法違反だとして宮城県の60代の女性が国を相手に裁判を起こした。このニュースを見た男性は、妻に初めて強制不妊手術をされたことをことを打ち明けた。

男性の妻 : 私、びっくりして、連れて行かれたとか、強制的にされたとかってね、あれからちょっと私、本当にショッキングでね。

強制不妊手術を受けた者は、結婚するなら相手にその事実を伝えておかなければならないのではないでしょうか。(性転換手術を受けて女性に性別を変えた者は相手にその事実を伝え、子どもが出来ないことを明らかにしておかねばならないのと同じように・・・)。

男性 : 自分が子ども出来ないのを、おたふく風邪で子どもが出来ないと、俺、それしか妻にウソつけないでしょ。やっぱり自分の子ども欲しかったしさあ、やっぱりね。

女性ナレーター : 手術を行った病院は、「すでに当時の責任者が他界し、記録も残っていないため、何があったのかわからない」としている。男性は来月にも国を相手取って提訴するつもりだ。

パイプカットの手術を行った病院は精神病院ではないでしょう、多分。
精神病院にはカルテが残っているように思われてなりません。警察にも資料があるかもしれませんね。
しかし、病院関係者や公務員には守秘義務があり、仕事を辞めた後も、生涯ずっと守秘義務は続くわけです。

芸者を殺害したということでも有名な某元首相も、以前婦女暴行事件を起こし、東京の松沢病院に精神分裂症で放り込まれたことがあったとのことですが、カルテは残っているようです。なお、この人は強制不妊手術は受けておりませんね。息子が3人いるようです。

女性ナレーター : JNNでは北海道内の障害者の入所施設に緊急アンケートを行った。
回答を寄せた120施設の内、8施設で、合わせて21人が「不妊手術を受けた」と回答した。

不妊手術を受けたのが事実であったとしても、国が強制手術を行ったということにはならないわけで、親の依頼による手術であったのかもしれませんし、成人になって自分から不妊手術を希望して医師に願い出たのかもしれません。国の強制手術であっても、精神分裂症などで未成年の場合には本人の同意は必要無かったのです。勿論、親には通知をしているはずですが・・・。
また親に頼まれての闇手術だったのかもしれません。

女性ナレーター : また旧優生保護法に対して施設の考えを尋ねると「許されない」との回答が最も多かった。
その一方で・・・、

男性ナレーター : 「当時の考え方として仕方がなかったというか、疑問を持つ人は少なかったのではないのでしょうか。絶対に許されるべきものでないと考えるが、当時の法律下において、それに従わざるを得なかった保護者を一方的に責めることは出来ない」

ここでの回答も「保護者を一方的に責めることは出来ない」とあるように、不妊手術を受けさせたのは、国ではなく、実は保護者であったのだろうと推察されます。

女性ナレーター : 北海道東部、アンケートに答えた障害者施設の元施設長は、旧優生保護法が廃止されてから20年以上が経った今も、障害者を取り巻く現状は厳しいと話す。

中川昇元施設長 : 結婚して夢見て子育てしたいと障害者がなんぼ思っても、そこに支える人がいないと夢で終わって、出来ない。障害者をみんなで支えていく社会を作っていくのが私たちのこれから目指すところですよね。ただ、まだ途中過程ですので・・・。

たしかに現在でも障害者の方が結婚して、子どもを産み、育てて行くのは、重度な障害の人にとっては、たとえ回りのみんなが支えても難しい面が多いでしょう。夢見たことがすべて叶うというのは大抵の人にとって、不可能でしょう。
自分では障害者ではないつもりの私も、未婚のままです(笑)。
悪党辻村江太郎や悪徳慶応の犯した不祥事、パワハラについては報道しようともしないマスコミや、悪党辻村の間違った仮説を番組で撒き散らしたNHKが、自らの間違いを訂正もせず、これをNHK出版から出版していても、読者に訂正もしようとしないのです。

こうしたマスコミが揃って声高に主張するのは、マスコミのバックにいる悪徳政治家、悪徳人権派弁護士、悪徳医師、教授やNPOの声を代弁しているのでしょう。
最近偶然見た国会中継だったと記憶するのですが、多分参議院議員の桜井充の言葉。びっくりしました。国会の中でも、あんな具合ですから、普段は無茶苦茶ガラが悪いのでしょうね。同じ桜井でも、桜井誠氏がずっと上品に思えたことでした。こいつは医者でもあるそうです。


女性ナレーター : 脊髄性筋萎縮症のため12歳から人工呼吸器を使っている佐藤きみよ(55)さん。重度の身体障害者施設に入所していた10代の頃、職員から投げかけられた言葉が今でも忘れられない。

佐藤さん : (職員に)生理の介助をしてもらうんですけれども、「こんなに障害が重いのに生理だけはちゃんと来るのね」というような、あまり介助をやりたくないみたいな・・・。

職員にとっては「やりたくて、やりたくて、たまらない、という仕事」でないのは事実でしょうが、それを相手にさとられぬようにするのが介助者の仕事でしょう。また介護を受ける者も、感謝すべきことなのでしょうね。
この介護者も、悪気は無くて、人間の身体の仕組み、働きに素直に感じ入ったのかもしれません。
私も蟹が1年に1度、決まった日に、どこからともなく、大量に集まるなどという話を聞いたり、映像を見たりすると、神秘的なことに感じてしまいます。

女性ナレーター : 佐藤さんは不妊手術を受けてはいない。しかし当時、障害者の妊娠はタブー視され、自分もいつ不妊手術を受けさせられるか怯えていたという。

佐藤さん : 自分の障害が重くて、自由に結婚したり、出産したり、恋をしたり、というのは許されないとずっと思っていましたね。

佐藤さんは、たしかに身体障害の程度が重く、知的で美人でもあるのですが、「自由に結婚したり、出産したり、恋をしたり、というのは許されない」とずっと思ってきたとおっしゃっています。しかし許されないのではなくて、相手が見つかり、出産したりできますかということなのです。
たしかにお気の毒なのはわかりますが、この番組とは関係ないのです。

この番組は旧優生保護法によって強制不妊手術を受けさせられた人で、この措置は憲法違反だったと裁判に訴える人が現れたので、これが憲法違反かどうかを論じる番組であるはずなのです。どういう障害の人が対象になったのかなどを話題にするべきなのです。
佐藤さんが強制不妊手術を受けさせられていたというのなら、番組に登場するのは意味がありますが、国は障害者にひどいことをした、謝罪して賠償するべきだという主張をする番組の印象操作をするために、佐藤さんは利用されているだけなのです。あるいは私にはわかりませんが、佐藤さんが、この問題で得をすることがあるからなのかもしれません。


女性ナレーター : 中学生の頃、不妊手術を受けさせられそうになった小山内美智子さん(64)。現在NPOで障害者の自立を支援する活動をしている。小山内さんは、31歳で結婚し、子どもも授かったものの、周囲の反応は厳しいものだった。

小山内さん : 子どもを生むと言ったら反対した人が沢山いましたね。「育てていけるのか」とかね・・・。私と同じ障害を持った子どもが生まれてきたら、社会のみんなに責められるのではないかと、ちょっとおっかなかったね。

この小山内美智子さんというのは、最初に出てきた女性です。その時にも述べましたが、小山内さんは遺伝性の障害ではなく、優生保護法の対象になっていない脳性麻痺の女性です。
お気の毒ですけれども、国が憲法違反したという話とは関係無いのです。母親が不妊手術を受けさせようとしたけれども、本人が嫌がったので、思いとどまった、というわけですから、国は強制などしていないのは明らかですし、手術の対象になっていない病気でも親が手術を希望すれば手術をする医者がいたということも分かります。

女性ナレーター : 小山内さんは反対を押し切り、長男・大地さんを出産。母親の手を借りながら、シングルマザーとして一人息子を育て上げた。

親族や知り合いの反対を押し切り、出産したのでしょう。国の反対を押し切って出産したわけではないでしょう。
何の説明も無いのですが、大地さんの父親はいるはずなのに、どうしてシングルマザーなのだろうか。ちょっと不審に思ったことでした。
また小山内さんの両親の写真も、先に掲載されていたのでしたが、母親の名前は出ていたのに、父親の名前は記入されていなかったので、少し違和感がありました。男女平等を唱える時代なのに、この番組は杜撰だと思いました。父親も手術を受けろと言ったのでしょうか。どうだったのでしょうか。

女性ナレーター : 今、大地さんは小山内さんの自宅の近くに住み、時々親子で買物に出かける。大地さんは、母親に障害があることをどのように思っていたのか。

大地さん : 小学校のときとか、あんまり障害があるとか車椅子に乗って来るお母さんはいないので、恥ずかしいという気持ちはありましたけど、母親なので、まあ仕方ないかなという・・・。

小山内さん : 恥ずかしいだろうけど、行けば慣れてくる。私が隠れたら、大地も私を隠すだろうと思って・・・。そんな生活をしたくない。

女性ナレーター : 病気でつらい時も、社会の偏見と向き合う時も、息子がいたからこそ乗り切れた。障害者こそ恋をして、子どもを産むべきだと小山内さんは語る。

小山内さん : 大地を産んで良かった。大地がいなければ、私はこの世にいなかったかもしれない。障害者こそ子どもを産んで、守ってもらわないといけないと思う。

守ってもらうために子どもを産むというのでしょうか。少し手前勝手な感じもしますね(笑)。
本来守ってもらうべき結婚相手の夫には、どのように守ってもらったのでしょうか。どうしてシングルマザーなのでしょうか?
遺伝性の障害でないから、強制的不妊手術を受けなくて、子どもも産めたわけでしょう。

大地さん : 僕も生まれて良かったと思えるようになりたいなあと思いますね(笑)。

小山内さん : なってないの。

大地さん : なってなくはないですけど(笑)。そんなに強くは、まあ、思わない。

小山内さん : 強く思ってくださいよ(笑)。

大地さん : そういう瞬間が来たらいいなあと思います。


膳場 : 取材にあたった澤田記者(澤田紗希)です。犠牲になった方たちには、どうか救済措置があって欲しいと思うんですけれども、それにしても北海道では良くこれだけ資料が出てきましたよね。

澤田 : 今回、これだけの資料が何故発見されたかと言いますと、去年秋頃から強制不妊手術に関する情報開示請求がされまして、道が調べたところ、マイクロフィルムで資料の一部が保管されていたことがわかりました。本来なら保管期間は10年間なので、破棄されていてもおかしくないものだったのですよね。現在、道は資料を保管し、当時何があったのか実態の調査を進めているということです。

男性キャスター : 裁判の動きも広がっているようですけれども、今、この被害者のみなさん、何を思っていらっしゃるのでしょうね。

澤田 : 国にきちんとした謝罪をして欲しいという思いがあります。強制不妊手術は、旧優生保護法の下、不良な子孫とされて行われたものなので、国がきちんと謝罪することによって、私たちは不良な子孫ではなかったんだと、ようやく思えるというふうにおっしゃっていました。

金平 : あのー、この問題ね、独立系の早稲田クロニクルを始め、各メディアが調査報道を今、行っていますけども、澤田さんたちの報道を見ると、一次資料を実に丹念に調べられていますね。それにしてもね、強制不妊の数が全国で16500件となると国が乗り出さないわけにはいかないんじゃないでしょうかね。

澤田 : 私たちだけの取材ではやはり限界があります。北海道に情報開示請求をして、資料が開示されても、個人情報は黒塗りになってしまって、何故この人が手術をされたのか、その後どうなったのかいう辺りまで取材が出来ていないんですよね。一方、国は当時合法だったとして、反省も検証もしていません。だからこそ、強制不妊手術を進めていた国に実態を解明する責任があると思っています。私たちも取材を続けて行くことで、当時何があったのか取材を続けて行きたいと思います。

個人情報保護のため黒塗りになってしまっているものを、今さら開示せよというのでしょうか。ほとんどが親などの保護者の要望で、手術してあげたものなのに、公開してしまうと、また新しい差別が生じてしまうのです。資料の保管期間は10年ということなのですから、わざわざ個人情報を開示する必要はありません。重度の障害者たちは、既に障害者年金などをもらっているのではないでしょうか。経済的に恵まれない方には生活保護で支援しているのではないでしょうか。

膳場 : 澤田記者でした。(澤田記者は左端。右端は金平、金平和とは関係ありません、多分。他の男性は知りません)。


ここまで書いてきて、やっぱりちょっと解せないという感じが残り、少しネットで調べてみました。小島喜久夫さん以外の、番組に登場する人物が強制不妊手術をされたとされる人ではないからです。

ここまでは「旧優生保護法 強制不妊手術」で簡単にネット検索しただけのモノを少し参考にして書いてきたのでしたが、個人名を入力して、グーグル検索してみました。

小山内美智子さん。私は知らなかったのですが、有名人で、NHK職員とも親しく、若い時から番組で何回も取り上げてもらい、NHK特集にも2回出演しているとのことでした。
著書も多く、障害者のセックスについての本などで有名な人だということです。これについての番組も放送されていたということですが、私は本も読まず、テレビもあまり見てこなかったので知らなかったのでした。
考えてみれば、両手が使用不可なのですから、自慰行為もできないのですから大変ですね。買春や専門のヘルパーも必要かもしれませんね。(既にあるようです)。
この本は20年ぐらい前に発刊されたということですから、私のこのHPの始めよりも、昔のことになります。
私も急なことで丹念にネット記事などを読むこともできませんが、正式に結婚をしたのかどうかは私には不明ですが、一回り若いボランティアの大学生との間に子どもが出来、この大学生は、すぐに逃げて行ったのでしょうが、子どもは残り、この息子さんは画面で見る通り、好青年です。
北海道大学医学部を卒業して理学療法士となっておられるそうで、すでに結婚もなさっているということで、先に示した写真のうちで、大地さんが蝶ネクタイをしている写真は、その結婚式の場で撮られたものだそうです。
ネットでは結婚式の様子や、大地さんのお嫁さんの写真も見られます。

小山内美智子さんが、「可哀想な障害者がいたんだよ」と述べたのだけなら素直に合点できたのだろうけど、被害者の振りをして登場したので、不審に思ったのでした。身体は御不自由ですが、やるべきことは十分やってこられたわけです。
NPO「札幌いちごの会」の代表者ということですから、障害者ビジネスということなのでしょうか。国が謝罪して賠償しろだと!・・・。
どうして被害者を探し、どういう賠償をしろと言うのでしょうか。悪徳人権派弁護士のおいしい仕事になるだけでしょう。
LCBT問題や、ヘイトスピーチ問題が取り上げられ始めたときと同様の胡散臭さを感じてしまいます。
普通には、感謝された優生保護法ではなかったのではないでしょうか。

また佐藤きみよさんは、番組で紹介されていたように脊髄性筋萎縮症で、12歳の時に、人工呼吸器を24時間つけっぱなしで生活せざるを得なくなり、家を出て、施設に入らねばならなかったということです。勿論、人口呼吸器を備えた施設があったからこそ長生き出来ているわけです。
呼吸器は最初、冷蔵庫ほどの大きさのものだったそうですが、その後、小さなポータブルの呼吸器が開発されたのを知り、それを手に入れて、介助のボランティアにきたパートナー(42歳)と恋をして、27歳の時、1990年に施設を出て、アパート暮らしを開始されたということです。
番組では苦労したとか、こころない職員の言葉に傷ついた方という印象が強かったのですが、勿論それは事実でしょうが、佐藤さんはYouTubeでも見られますが、実際はおしゃべりで、活発で、実行力もすごい方だとわかります。その後両親が面倒を見られなくなったフィリッピンの1歳の女の子を養子として引き取ったということです。
実際この方も「NPO法人自立センターさっぽろ」の理事長、や「ベンチレーター(人工呼吸器のこと)使用者ネットワーク」の代表でもあるということです。
障害者の自立を応援、支援しようとなさっているということなら勿論理解できますが、どうして強制不妊手術をした国を悪く言う番組に登場するのでしょうか。
たしかに国が重度の障害者の不妊手術や中絶手術を許可する病名を明らかにしたことによって、その病名の障害者の方は「不良な子孫」ということになってしまう理屈なので、当事者には残酷だ、暴言だということになってしまうのですが、小山内さんや佐藤さんが出産すれば、必ず自分と同じ病気の子どもが生まれるということが、100%確実なら、出産をためらうことでしょう。
病気の種類、程度の重さによっても違うでしょう。二人とも強制不妊手術をされていないわけです。佐藤さんは、ご自分の判断で子供をつくるのを諦め、養子をもらって、育てておられるのでしょう。国に文句をつけるのは筋違いでしょう。

ちょうどこれを書いている頃、4月25日に、NHKのクローズアップ現代+「”不妊手術をしいられた”〜追跡・旧優生保護法〜」をやっていました。説明はなかったのですが数秒、不妊手術の対象となる病名がバックに流れました。

私には脊髄性筋萎縮症が遺伝性の病気かどうかはわかりませんが、大変な病気であるのはわかります。しかし佐藤さんは不妊手術を受けておられないということです。

遺伝的な原因を持たない人でも障害をお持ちの子どもが生まれてくる可能性もあり、また遺伝性の病気か否かもはっきりしない病気もあるわけです。佐藤さんはフィリピンの赤ちゃんを養子に迎えて、楽しくお過ごしのようですから、いろいろの選択が可能であったわけです。障害をもって生まれてこられたのはお気の毒ですが、国に文句をいう番組ち登場するのには違和感があります。

現在では出生前に遺伝子検査などを受けて胎児に病気がないのか、障害がないのかチェックしたり、その他一般的な診断を受けたりすることが可能となっています。障害のある子が生まれると診断されても、産むという決断をされる夫婦も、反対に中絶するほうを選ぶ夫婦もいるわけです。

結局、今でも弱者となる可能性の強い子どもを生まないかどうかの「いのちの選択」がおこなわれているわけですが、産むとしても出産時にリスクを減らすための対策がとられることにもなるので、行き過ぎた出生前診断でないかぎり、良いことだと思われます。
しかし女性が、「高学歴で背が高く、男前の精子を購入して、人工授精する」などというようなことはしてはならないことでしょう。

貧乏な時代に、国が無料で、親の希望に基づいて、不妊手術をやってあげたのです。

当時の国は、上の病名の最初のほうに挙げられている「遺伝性精神薄弱」「顕著な遺伝性精神病質」「顕著な性欲異常」「顕著な犯罪傾向」などの持ち主に不妊手術を強制したかったのでしょう。
その他は親が不妊手術をしたいと希望した時に、強制手術という名目で、国が医師らの判断で「適」とされれば、許可したのでしょう。

いつの時代でも、とんでもない犯罪をする者がいますから・・・。(下は前に説明したことのある、白昼、池袋の車道で下半身裸になって強姦しようとした中国人です)。


「中国人も強制不妊手術の対象となるか」との問い合わせに、「なる」と回答している例があったということですから(JNN)、こういうことをやらかす中国人は、当時なら、手術を強制されていたかもしれませんね。

小島喜久夫氏の場合は裁判する価値はあるかもしれません。しかし国が強制的に手術を行ったのを証明、立証をするのはかなり難しいことでしょう。

先に述べたNHKの番組では、強制不妊手術を受けさせられたという70代の女性が登場していました。16歳の時、障害があるとされ不妊手術を強いられたと明かしました、とのことでした。

70代の女性 : 「それから苦しみが始まって、本当に不幸ですよ。幸せがあったのに・・・」

NHKのこの番組などについては、長くなり過ぎて正確に文字起こしをしていません。MBSの最初の番組は初めから終わりまで書き写していますが、その他は拾い読みというところでしょうか。この点お含みおき下さい。

女性ナレーター : 不妊手術の強制を告発した、仙台市の飯塚淳子さん(仮名・70代)です。

飯塚さん : 書かれているものがあるんですよ、優生手術必要って。

なるほど、画面には「優生手術の必要」の文字が見えます。そのすぐ上には魯鈍、内因などの文字も見え、職親委託可という文字列と黒塗りされている個所もあります。そして小頭症 ・ 白内障なし ・ 礼儀態度良好 などが読み取れます。
私は福祉などの問題に関しても無知で、職親(しよくおや)をググルと、本文を読む前に簡単に「知的障害者を預かり、更正に必要な指導訓練を行う者をいう。知的障害者福祉法第16条第3号に規定がある。委託された知的障害者は職親の家に同居するか、職親宅に通勤して指導訓練を受ける」。とあります。

更正に必要な・・・とありますから、知的障害者であって、犯罪を犯したか非行のある少年少女を、「社会に自立して出て行けるように指導訓練してくれるところ(職親)で働いても良いですよ、許可しますよ。職親には自治体から謝礼金を出していますから、誰でも行けるわけではないのですが、この少女の場合は許可しますよ、などと述べているわけでしょう。そして親から、精神科医師などを通じて出された優生手術の申請に対しても審査会は「可」と許可をしているわけでしょう。

この書状には、たしかに優生手術必要と書かれていますが、こんなものをどうして障害者本人が持っているのでしょうか。下の書類は上の書類と内容はほぼ同じ物と思われますが、「申請した書類」と「審査会の判定した書類」のようにも思えます。手術を希望した親が医師にお願いして、医師が審査会に申請して、「適」と認定され、結果を医師を通じて親に知らせ、親は娘にこれを見せて、不妊手術の必要を伝えたのでしょう。

それに「小頭症」とありますが、この飯塚さんの写真は、顔をボカシテ示されますが、「小頭症」の人というのは私は会ったことはなく、ネットで見てみると、わりと分かりやすいような顔の人が多いようです。飯塚さんの写真がボカサレテいるとしても、この書類は飯塚さんと本当に関係があるのでしょうか。他人の書類なのではないのでしょうか。

「愚鈍」、「内因」、「小頭症」などと聞いたら、親はビビり、娘の面倒までとてもみられない、と職親に預けてしまったのでしょう。画面の人物が本物なら、当時の担任の教師から届いたという手紙をスラスラ読んでいましたから、こんな程度の障害者に国が強制的に不妊手術をするのは確かに行き過ぎだと思えてきます。

飯塚さんのケースでは親の話しが少しも出てきませんから、多分親は厄介者として手術をしてもらい、職親に任せっぱなしにしたのでしょう。

NHKのクローズアップ現代ですから「ヘイトスピーチ」などと同じくイカサマではないのか、いつもの捏造ではないのかと疑ってしまいます。

MBS(TBS)では不妊手術もしていない人が登場し、NHKでは仮名で顔を隠した人が国に強制不妊手術をさせられたと言うのですから、不審を持つばかりです。
飯塚さんは20代で結婚したが、子どもが出来ないことで、次第に夫婦関係が悪化し、離婚したという。その後30代で再婚したが、夫に手術の事実を告げると、家を出て行ったということです。初婚で、そうした事実があったのなら、再婚の前に手術のことを述べておくべきだったのでしょう。ちょっと好い加減な女性ですね。

「不妊手術がなければ明るい家庭が築けたのではないか、50年余り苦しみをかかえてきた、羨ましいな」と満開の桜が咲く公園の椅子に腰掛けた飯塚さんの眺める先には、幸せそうな家族とその特別可愛い女の子が見えます。これではドラマの演出にしか思えません。この子は子役のタレントのような気がします。こんな可愛い子は、あまりいませんよ。

優生保護法が出来たのは、上の写真で代表される時代だったのですよ。普通の子供でも食べさせ育てるのは大変な時代だったのです。
先の小山内美智子さんの子育ての写真を見ても、小山内さんはミルクを暖めることも、粉ミルクをお湯で溶くことも、大地さんを床になどに寝かすことも1人では出来なかったわけです。家族の支えも、経済的な余裕も無ければ子育ては不可能だったわけです。トイレでさえ、1人では用が足せなかったのですから、多分。

多分、小山内さんの家はどちらの点でも恵まれていたのでしょう。
小山内美智子さんは、私より10歳下ですから、時代は大分落ち着いて来ていたことと思います。
しかし障害者を持った親は知的障害者や重度な身体障害者が産まれると、遺伝するのではないかと恐れ、不妊手術を受けさせようとしたのでしょう。それをそのまま国として認めることは出来ないので、審査会で「適」と認められたケースに限り手術を認めたのでしょう。

優生保護法は、非合法の人口中絶が増加して、中絶を合法化する法案として、産婦人科医で社会党の衆議院議員の太田典礼が加藤シズエらとともに制定に尽力したということです。その後、法案を推進したのは参議院議員で日本医師会会長にもなった谷口弥三郎を中心としたメンバーだったようですが、常識的に考えて、飯塚さんのように、何処にでも普通にいる女性に強制的に不妊手術を施したなどというようなことはありえないことだと思われます。

画面には瞬間的に当時の議事録なるものの一部が見え、これについてはほとんど説明されませんでしたが、次のような文面が見えました。
「・・・であると認められるものに対しては、優生保護委員会の審査決定によって、本人の同意がなくても優生手術を行おうとするものでありますこれは悪質の強度な遺伝因子を国民素質の上に残さないようにするためには是非必要であると考えます。ただこの場合には社会公共の立場からとはいえ、本人の意思を無視するものでありますから、対象となる病名を法律の別表において・・・」

このうち、赤字の2文のみをスポットを当てて、「本人の同意がなくても手術」、「悪質の強度な遺伝因子を国民素質に残さない」を強調しています。

アー・アーと言うだけで、ろくに会話もできない、誰とでも性交渉して、避妊もしようとしない女性や、反対に理由もなく、大声でわめき散らして暴力行為を毎日行う精神障害者など、親や親族が持て余し、困り果てているような人間に無料で手術をしてあげたのです。その手術の対象になる条件を示しただけなのです。

また宮城県では、昭和32年より「愛の10万人運動」という県民運動を同時に行い、寄附を募って障害者入所施設を増やす運動もしたということです。親の負担を軽減してあげようとしたのです。

勿論、医者の中には親に頼まれて、条件に合わないのに闇手術をした医者も少なからずいたでしょう。
これは、国の問題というより、医者と親との問題です。また大学教授、医師会会長、判事、教育委員などからなる優生保護審査会にも、杜撰なモノが少なからず存在したのかもしれません。これも国というより、審査会の罪なのです。それ故、証拠があるのなら、不当な審査会委員が判明できれば、彼らに賠償を請求することは可能でしょう。(もう賠償請求期間は過ぎているでしょうが・・・)。
貧しい世の中だったので、人口を淘汰しようとする傾向はあったことでしょうが、優生思想というほどのものは無かったと思われます。不妊手術をしてあげる口実だったのでしょう。

高杉晋作の義弟が、日本人種改良論者となり、英国人女性と「日英混血児を得る」ために結婚したということは聞いたことがありますが、これは優生思想というよりも、西欧人女性に憧れただけのことでしょう。西欧人女性といってもいろんな人がおりますよね。
攘夷、攘夷と叫んでいたのに恥知らずな奴です。

今でも、在日朝鮮人で容貌に自信が無い者が、アメリカに渡り、白人との間に混血児を生んで、少し容貌の良くなった子供を連れて、日本に戻って来るケースは、少し多いような気がしますが・・・。こういうタレントが多いような気がするのは私だけでしょうか。

学校では、子供の頃から、視覚と聴覚の両方の障害者でありながらも、立派に克服し、世界各地を歴訪して障害者の教育や福祉の重要性を説いて回ったヘレン・ケラーを偉人として学んだ身としては、日本に優生思想が根付いたということは信じられません。江戸時代には塙保己一という盲人の優秀な学者がいて、「群書類従」などを編纂したというのも、内容は知りませんが(笑)、受験の時に覚えたことでした。

琴の名手・八橋検校、宮城道雄、ギターのドック・ワトソンなどなどハンデを克服して立派な名手となった人を尊敬こそすれ、抹殺しようとする優生思想が日本にあったとは、とても考えられません。(ドック・ワトソンは日本とは関係ありませんね。)
確かに、盲聾は大きなハンデが伴いますので、本人にも親族にも子供を産むという決断がつきかねることもあるでしょうが、国が不妊手術を強制したとは考え難いことです。むしろ障害者手帳などのようなもので幾らかでも、支援したのでしょう。

スエーデンのような福祉国と言われる国ほど、優生思想は強かったのです。ナチスのドイツなどと比べられたら、たまりません。

こうした番組を見ていますと、LGBT問題を取り上げ始めた当時の、NHKなどのマスコミの論調を思い出します。

妻に子どもを2人生ませた男が、子どもに自分のおっぱいを吸わせて、お乳をやりたくなったとホルモン剤で胸を大きくし、男性器を切除し、その代わりに、女性器に似たような外見に形成手術を施し、女の戸籍がほしいなどという主張を、さも正当な主張であるかのように派手に宣伝していたのでした。
公共放送のNHKは勿論、民放各局がこの主張に沿ってドラマ番組をつくり、有料放送までもが、この男をモデルにしたドラマ番組を無料で放送したのでした。

ウリスト教の元慶応形成外科医師・原科孝雄がこのいかさま医療を主導し、家庭裁判所に勤務していた経験のある精神科医・針間克己が自分の患者が、このいかさま手術をするのに適当か否かを判定し、在日の法律家・大島俊之が戸籍を変更するための法律的な面をバックアップして、やり遂げたのでした。こうした連中と、先の優生保護審査会のメンバーとは似たようなものだったのかもしれませんね。そうすると、中にはおかしな奴もいたかもしれませんね。仙台の審査委員会の中には、NHKの幹部職員もいたような記事を読んだような気もします。

この性転換手術は強制不妊手術と似たようなところもありますね。

「顕著な性欲異常」「顕著な犯罪傾向」、の持ち主に強制的な不妊手術を施すのは、社会が安心するからという面がある上に親族が喜ぶという面もありました。

一方、前頁で見たように、女装はしているけれども誰が見ても男にしか見えない大男、寺本康博が、女風呂に長湯して、咎められ、裏声で「私は女性です」と答えても、”現物”を見て男と断定されるという有史以来の当り前で逮捕されました。この男は同様の事件の常習者なのでした。
この時、「心の性別」などというものは、一切考慮されませんでした。当然です。「心の性別」などどうでもよいのです。

しかし、性転換手術をしてしまえば、元男は合法的に女湯で長風呂できるわけです。いらない手術を合法化してしまったものです。
こうした男に対しては、生殖腺を除去することなしに、生殖を不能にする手術を施すだけで、つまり優生保護手術を施すだけで、充分なのです。優生保護手術が理に適っているように思えます。
いくら女装しても、裏声で「私は女性です」と主張しても、”現物”を見て確認すれば、要が足ります。

これに反して、結婚して子ども2人を妻に生ませた男を性転換手術なるいかさま手術を行い、名前も水野淳子と改名させ、子供が未成年だったので、戸籍の性別は男であったにもかかわらず、「趣味は女湯でゆっくりくつろぐこと」と自らのブログで述べるような状態を許していたのでした。

NHKは公共放送として、ほぼ強制的に視聴料を取るくせに、水野淳子のような精神障害者を正常な人間と美化して、今現在もLGBTなる好い加減な概念を教育放送番組・ETVで、特に若い人たちに広め、洗脳しています。

そのうちに、性同一性障害者なる障害者は「戸籍の性別を変更するためには性転換手術が必要だ」と言われて「強制的に手術をされた」。国は謝罪して賠償しろと吠えまくることでしょう。
このためにも、性別適合手術を受けられる障害者を「適」と判定した精神科医・針間克己のような連中の資料を厳重に保管しておくべきでしょう。
しかし、死んでしまったら、やはり「特例法」があるので国が訴えられ、謝罪と補償金を強請り取られます。

「性同一性障害特例法」は生殖腺が無い、もしくは永続的に欠く者は戸籍の性別を反対の性別に変更できるという法律ですが、元々こんな人物はいないのです。
この法律は手術を前提としてしか意味を持たないわけです。一部の形成外科医師や精神科医、及び一部の弁護士などは喜びました。金儲けになるからです。
「人権」を持出して「手術」を是としたのです。

「性分化疾患の者、精神病の者は除く」と最初はなっていたのに、いつのまにやら誰でも手術OKとなったようです。
最初は自分の身体は戸籍の性別と完全に一致していると認識しておりながら、反対の性別になりたいと希望する者は「現に婚姻していない」「子供がいない」、「外性器が反対の性別の外性器に近似している」等を条件として、性別の変更を許可するという法律なのでしたが、「女なのにI陰茎がある」「男なのに割れ目があり、メンスがある」という精神科患者の言い分を、精神科医が「適」と判定し、形成外科などに送り込み、任せるという法律そのものがおかしいのです。
”現物を見て確認”ということで良いのです。「割れ目があり、メンスのある男」なるものはいないのです。

そんな女の希望通りに、先ず、別の病名で、子宮筋腫という虚偽の病名で子宮はおろか卵巣まで摘出し、偽のペニスを作り上げた原科孝雄元慶応助教授
病気でない者を病気に仕立て上げた原科孝雄らの一派こそが悪党、悪徳医者なのです。
この連中と一緒になって国は、わざわざ善意ということで、この手術を正当化する法律を作って、女性が、自分と同じ女性との間で同性間結婚まで認めてやったのに、妻が産んだ子を戸籍上の嫡出子と認めないのは不当だとして、国を訴えたのでした。

結果として元女の弟の精液を元女の嫁に注入して出来た子が元女の嫡出子と認められたのでした。
生殖腺が無いという前提で、産むことも産ませることもできない体になっているという前提で、つまり、「1代限りという前提」で同性間の婚姻を認めたのだから、同性婚で子供ができる筈が無いとすれば誰からも異論が出ないのに、裁判所というのは好い加減な所ですね。反日の在日の巣窟になっているのでしょう。

元男を妻とさせた男同士の結婚なるものでは、この二人の間の子は認められないわけですから、男女平等の原則に反するわけで憲法違反なのです。
性転換手術、第3者の精子を使った人工受精、すべて悪徳慶応が仕掛けた反日工作なのです。

辻元・辻村許さない!

こうしたイカサマ手術を認めたので、何の異常も、欠陥も無い身体を持った人間を、「生殖腺不全」の患者としてしまい、一生、手術後死ぬまで、ホルモン剤を継続して投与しなくてはならない、やっかいな連中としてしまったのでした。社会保障費が足りないという時代なのに、保険も使えるようにしてしまったのでした。

この点、優生保護手術を強制した遺伝性の強度の悪質な精神異常者は社会の不安を軽減したばかりでなく、手術以後は余計な医療費も掛らなかったのでした。遺伝性かどうか不明であっても強烈な犯罪者なのですから、この場合は社会から許され、安堵されるでしょう。

戸籍も無くし、国籍、性別などは丸秘のプライバシーということにしようとする動きが広まっています。子供にとっては親が誰かということもわからず、家族という概念も無くなります。
同性間の結婚を性同一性障害特例法によって認めた国は、せめて「一代限り」と明確に障害者に認識させておかなくてはならなかったのに、生まれるはずの無かった子供は、これでは、生まれた子供の人権は侵害され、無視されたことになります。
誰の子供かわからないのです。
その上、生まれながらのキ○ガイの子なのです。

一代限りとしてさえおけば、性転換気質ということで、社会に迷惑をかけず、本人が自らすすんで手術をしたということで、美容整形と同列の、文句のつけようがない一種の「優生保護手術」となっていたであろうに残念です。手術は自分で医師を探して、独自にする分にはお構いなし。失敗は手術をした医療機関の責任とし、治療や賠償は当事者間で解決をはかれ!、としておけば良かったのです。国が介入する必要は無いのです。

辻村江太郎が安井琢磨を選者として、日経賞を受賞した頃、1968年に葛飾区で生まれ、慶応商学部を出て、会計評論家となった勝間和代。結婚して子どもを2・3人産んだ後、別の男と再婚。そして最近あの渋谷区のパートナーシップ条例の第1号となったレスビアンの増原裕子と同棲し、カミングアウトしたようです。
増原裕子と言えば、「ゲイカップルから精子提供!」とアホなことを叫んでいた乱交主義者です。

どうでも良い話なのですが、子どもが可愛そうな感じがします。あの水野淳子の子どもと同じような立場。
わざわざカミングアウトなんてしなくても、男には飽き飽き、懲り懲りしたぐらいに言っておけば済んだ話なのに・・・。
勝間、針間、詫間、変わった奴が多いですね。

なおNHKのクローズアップの翌日の4月26日のテレビ朝日の報道ステーションでも、50年代から70年代にかけて使われていた教科書を挙げて、いずれにも優生保護法についての記述があったと述べていました。

教科書の内容として、「この法律は、社会から悪い遺伝性の病気を持った人の生まれるのを除き、健康で明るい社会をつくるためにたいせつなものである。」「凶悪犯罪者には精神病や白痴の者が少なくないことを考えるとき、この法律のたいせつなことがわかるであろう。」 などの文が示されていました。

そこには「性病とその予防」なる見出しも見えます。

何も問題は無いように思われます。
白痴の者には子どもを生ませないようにするのは当たり前のことです。何が人権じゃ!!

また、高校の教師に対しても、指導要領で「優生の意義や優生上問題となる疾病および血族結婚などについて理解させる」という個所があったとして、この指導要領を、番組では批判していました。
しかし血族結婚、つまり父娘や兄妹間の性交渉は駄目だと教えなければならないのは当然のことでありましょう。少なくても近親相姦による出産は認められないでしょう。これを認めるとすれば、生まれた子供の人権を踏みにじるものと言えるでしょう。


男性ナレーター : 静岡県にある、耳の不自由な子どもたちが通う、ろう学校。校長は保護者に対し、子どもに不妊手術を受けさせるように勧めたと言います。1950年頃、この聾学校に通っていた耳の不自由な方たちです。初めて当時のことを語りました。

黒沢シン子さん(87歳)手話)「PTAの時に校長先生が強制不妊手術の話をしたそうだ。『結婚したければ相手を紹介する、そのかわり不妊手術をするように』、『子どもを産みたい場合は紹介しない』と(校長が)言ったそうだ。校長のそうした考え方はおかしいと思った。

黒沢さんの話は、伝聞であり、国が手術を強制したということにはなりません。「結婚したければ相手を紹介する」と校長が、PTAで言ったといいますが、聾の異性を結婚相手としたいと思う、健常者がそれほど多いとは思えません。それなのに、校長が「相手を紹介する」と言ったというのは、ちょっと考え難いことです。
これは聾学校の生徒、や卒業者には、校長も顔が利き、広いので紹介してあげますが、両親とも聾であれば、子育ては大変だから、不妊手術をするのを否定する人には、紹介はしたくないと言ったということなのではないでしょうか。そう考えれば自然に納得できます。しかし、これは校長の考え、判断なのです。

大橋よしさん(82歳) (手話) : 「ろうの親だと子どもがかわいそうだ」、「コミュニケーションもとれないし、子どもがかわいそうだ」と(校長が)言っていたと聞いた。

男性ナレーター : この方たちは校長に反発するなどして、不妊手術を免れました。

校長に反発して不妊手術を免れたというのなら、国は強制していないということでしょう。

大橋 亨さん(85歳)(手話) : 「校長の家に行って拝み倒して産んだという話も聞いた。半数以上はやむを得ず手術を受けたようだ」

この大橋 亨さんは先の大橋 よしさんの夫なのでしょうか、もしそうなら二人の間に子供がいるのでしょうか。その子は聾ではなかったのでしょうか。肝心のことは言いません。
それに不妊手術は精神科医が申請し、審査会が決めるわけですから、校長に拝み倒して出産できるのなら、つまり親が不妊手術を望んでいなかったのなら、手術を免れることが出来たわけです。

男性ナレーター : 旧優生保護法は強制不妊手術の対象として、「遺伝性の難聴または ろう」もあげられていました。しかし・・・。

「遺伝性の難聴や聾」も強制不妊手術の対象とされていたことは事実ですが、遺伝性かどうかの判断も難しいことですが、遺伝性の聾や難聴の人だからと言って、国が強制的に不妊手術をしたというわけではありません。医師が申請しても、審査会で「適」とは認められないでしょう。

(強制優生手術の審査の申請)として強制優生手術の定義がなされています。

医師は、診断の結果、別表に掲げる疾患(*筆者注:先天性聾や遺伝性難聴もこの疾患の中に含まれています。)に罹っていることを確認した場合において、その者に対し、その疾患の遺伝を防止するため、優生手術を行なうことが「公益上必要」であると認めるときは本人やその配偶者の同意を得なくても、都道府県優生保護委員会に優生手術を行なうことの適否に関する審査を申請することができる

というわけですから、塙保己一やヘレン・ケラーを崇める我が国でそんな手術を強制するはずがありません。

少し紛らわしいのですが、優生手術には「任意の優生手術」「強制の優生手術」があるのです。どちらも対象となる疾患が同じなのです。
(優生保護法 と条文)でググルと、読み難いのですが条文や疾患の表が見られます)。

「任意の優生手術」とは「医師は、左の各号の一に該当する者に対して、本人の同意並びに配偶者(届出をしないが事実上婚姻関係と同様な事情にある者を含む。以下同じ。)があるときはその同意を得て、任意に、優生手術を行うことができる、但し、未成年者、精神病者又は精神薄弱者については、この限りではない」。というものです。

つまり、勝手に不妊手術や中絶手術をしてはいけないが、例えば先天的聾の人は、自分と同様の子ができたら可哀相だから、とか、育てていく自信がないので、という心配で不妊手術を受けたいと思えば、配偶者の同意を得れば指定医に頼めば、自由に不妊手術や中絶手術を受けられますよ、という優しい法律なのです。「優生上の見地から不良な子孫の出生を防止するとともに、母性の生命健康を保護することを目的とする」という建て前で許可された手術なのです。

未成年の場合は親が子供の将来が不安だとして不妊手術を受けさせようとすると、医者が申請をして審査会が「適」と回答しなければならないわけでしょう。先天的聾の場合は親が強烈に望まない限り手術は難しいでしょう。公益上必要とは言えないわけでしょうから。

これに反して「強度且つ悪質な遺伝性精神変質症」「凶悪な常習性犯罪者」に分類される者は、審査会が優生手術を行うことが、公益上必要と認めるでしょうから、強制的に手術を行うことになったのでしょう。

先の飯塚淳子さんの場合は「小頭症」で「魯鈍」、「内因性」と書かれていましたので、親が医者に頼み、審査会が認めたことから、親に説明し、親も子供に伝えたのでしょう。しかし視聴者には画面の飯塚さんが本当にこの書面と関係あるのか不明だったのでした。

きりがないので、テレビに戻りましょう。


松原洋子・立命館大学大学院教授 : 遺伝的であるかどうかを確かめるのは非常に難しいところがあるんですね。遺伝かどうか以前に、そもそも「劣った者」「優れた者」という価値付けがあって、かつ旧優生保護法ではかなり運用が拡大的に行われてきた

それだけ親の意思に基づいて行われた手術だったわけです。小山内美智子さんのケースがそれです。優生法の対象にもなっていないのに、母親は手術のために病院に連れて行こうとしたことでわかります。

男性ナレーター : こちらの90歳の男性も同じ聾学校に通っていました。何も知らされぬまま”不妊手術”を受けたと言います。

静岡県内の聾学校に通った男性 (90歳)(手話) : 「生まれる子どもがろう者だったらどうする」と言われた。

誰に言われたのでしょうか。親に言われたのではないでしょうか。何も知らされぬまま”不妊手術”を受けたというのはおかしいでしょう。「生まれる子どもがろう者だったらどうする」と説明を受けているわけです。

男性ナレーター : 男性は現在妻と二人で暮らしています。

男性の妻(手話) : 私はとても悔しかった。

男性(手話) : 子ども、欲しかったんだよな。ろう者の夫婦でも子どもを持っている方もいる。なぜ私はダメなんだろう、わからなかった。

この手術をしたという夫婦は、先の手術を免れたという3人と違って、名前も出さず、顔も隠しての登場ですから、奇異な感じがします。逆でしょう。
遺伝性精神薄弱というのなら、名前を隠し、顔も隠すというのも理解できますが、同じ聾の人で、手術をしていない人が、名前を出し、顔も出して、伝聞の話をするのに反して、手術をさせられたという人が名前も出さず、顔も出さないのですから、うそ臭い話に思えます。手術をした人が顔を出して抗議するほうが説得力があります。親が手術を拒否しておれば、手術はされなくて済んだ話なのです。

富川アナ : 強制的に手術をされた人の多くが高齢になっていらっしゃるわけですから、国はですね、裁判の結果を待たずに謝罪や補償を考えてもいいんじゃないでしょうかね。

何の補償・賠償をしろと言うのでしょうか?障害者として生まれて来られたということはお気の毒ですが、親の希望に沿って不妊手術をしてあげて、謝罪や補償を求められる国のほうが可哀相な気がします。
高齢になって、食べていけないのなら、生活保護を受ける権利があるなどと主張するのならわかりますが、理解しかねます。資料が無いのなら、強制か任意かの区別もできないでしょう。

弁護士も「過払い返金」や「B型肝炎」の問題などの「おいしい仕事」も少なくなってきたので、楽な仕事をつくるのに必死というところでしょう。

裁判もせず、弁護士が申請するだけで、賠償金が貰えるのなら楽ですね。
例えば、女性への性別適合手術を受けた男性は、妻との間に未成年の子がおり、戸籍は男性のままだったので、コナミスポーツセンターはこの男性に男性更衣室を使用するようにと求めると、「人格権」を侵害されたと慰謝料を求める訴訟を起こしたということでしたが、和解という結果となり、裁判をしなくても和解金が取れたということです。和解金は非公表だということです(笑)。


尚、優生保護法で強制不妊手術をされ、「子どもを産み育てるという憲法13条で保障された自己決定権や幸福追求権を侵害されたとして、全国初の国家賠償請求訴訟を仙台地裁に起こした宮城県の60代女性のケースはイカサマです。

この原告女性は1歳の頃に口蓋裂手術を受けた際の麻酔が原因で重度の知的障害者となったということです。それならば、その病院に損害賠償を求めているのが道理というものです。その時損害賠償金を受けたかどうかは不明ですが、遺伝性の知的障害者でないのは明らかです。
国はこの知的障害は遺伝性でもないし、親族にも精神障害者はいないとして不妊手術をしてあげる義理も必要も無かったのです。手術すれば費用も掛ります。
しかし、原告女性が年頃になり、生理も始まると、親は知らぬ間に被害者などとして妊娠するのではないかと恐れ、不妊手術を必死にお願いしたのでしょう。だから医者は「遺伝性精神薄弱」ということにして審査会に申請したのでしょう。審査会は遺伝性の知的障害者ではないとわかりながらも、手術をしてあげたのでしょう。

この原告女性自身はくわしいことはわからず、込み入った会話も不得手で、母親も亡くなっており、詳しい事情が分かる者もいないということです。
裁判を起こしたのは、実質、この原告女性の義姉であるということです。優生手術台帳によると原告女性は15歳の時に不妊手術を受けたのだそうですが、義姉がその事実を知ったのは1975年に嫁いできた直後のことだそうで、風呂で原告のヘソの下に縦に10センチ超のキズがあるのを知り、義母から不妊手術によるキズだとは説明されたが、詳細は不明とのこと。
義母からは「強制された」とは聞いておらず、不妊手術によるキズとしか聞いていないわけです。
義姉は「なぜ手術をする必要があったのか」疑問が頭を離れなかったという。

こんな時、先の飯塚淳子さんが日弁連に人権救済を申し立てたことを知り、「妹も同じだ」と思って、裁判で賠償金を得ようとしたのでしょう。
開示請求して出された「優生手術台帳」には「申請理由の欄」に「遺伝性精神薄弱」と記載され、「医学判定記録」の生育歴には遺伝性負因は「陰性」と明記されていたという。
この義姉は義妹が実際に「遺伝性精神薄弱」であったなら、これほど大ぴらに裁判を起こすことはしなかったことでしょう。そうすれば自分の子どもや孫も精神薄弱の遺伝因子を持っている可能性が強いということになってしまうからです。
その事実を、義妹が遺伝性の知的障害者でないことを、世間にアピールするためと賠償金欲しさで騒いでいるのです。見苦しい。

強制手術というとおどろおどろしい感じがしますが、実際は重度の悪質な精神障害者などの子どもを持ち、戸惑い嘆く親に代わって、国が不妊手術をしてあげたのです。
このケースでは、遺伝性の障害者でもないのに手術をしてあげたのです。
おかげで原告女性はにこにこ穏やかに義姉の子どもや孫と仲良く暮らしていけるのです。
感謝こそすれ、文句を言うなど、トンデモナイことです。
この裁判には人権派弁護士らがついているようですね。


最近ヘレン・ケラーの名前を聞くこともほとんどなくなりましたが、先日85度の熱湯風呂に知的障害者の女性を入れて殺してしまったグループホームの運営をしている社会福祉法人「日本ヘレンケラー財団」で、その名を聞くことになりました。
施設は「片足を浴槽の湯につけてバランスを崩し、浴槽に転落した」と説明していますが、付添いは誰もいなかったので本当のところはわかりません。ただ付添いは無しで、湯温の設定は85度となっていたことが明確になっています。普通風呂に湯をはるのに85度とすることはありませんので、施設職員が故意でやらかしたのかもしれませんね。風呂の湯温は41度ぐらいまでで設定されているはずです。
最近、介護施設職員が入所者に暴力を振るったり、高所から投げ落としたりする事件が後を絶ちません。

済んだ話を証拠も無しに吠え立てるより、現在の精神障害者や身体障害者、高齢者の介護施設を念入りにチェックするのを願いたいものです。

職員が知的障害者になってしまっているのでしょうか。

八橋検校などと書いていたら、数日前には京都名物の八つ橋の本家争いが裁判になっているということでビックリしました(笑)。八つ橋の名前の由来も確定していず、証拠があれば、それで争えばよいことです。
「八つ橋発祥の家」というのもありますよ(笑)。

 


<先に進む>

<前に戻る>

<TOPに戻る>