(続)旧優生保護法は本当に悪法だったのか?
NHKクローズアップ現代プラスや河北新報などの記事を比較して。
有料老人ホーム「京都ヴィラ」は盗人ホーム@へ   BACK   NEXT


 前回、MBS「報道特集 旧優生保護法・北海道で何が」という番組を見て、登場する身体の御不自由な2人のご婦人、小山内美智子さん、佐藤きみよさんが、2人とも不妊手術をしても、されてもいないのに、戦後の1948年に成立し、1996年に廃止されるまで50年間近く存在した旧優生保護法を、まるでその被害者であるかのように批判しているのに疑問を感じ、この私のHPに採り上げたのでした。
視聴者が、こんな方々まで昔なら本当に、強制的に不妊手術を受けさせられたのかと、錯覚を起こさせ、不妊手術を行われたと主張する方たちに同情を寄せさせるために仕組まれた猿芝居だったのかとがっかりしました。

しかし、一方でNHKに登場なさった、不妊手術を強制されたと主張する当事者が仮名であるケースなど、背景の事実が詳しく述べられないので、WEB上にアップした後も、気になる感じが拭えませんでした。

それで今回も、前回に続いて、旧優生保護法とそれに基づく不妊手術について、書いていきたいと思います。
前回をお読みになっていない方は、前回をお読みの上、ご覧下さい。

 MBSでは、そのタイトルの通り、北海道のケースを中心に説明されていましたが、NHKの番組クローズアップ現代プラスでは、旧優生保護法下で強制不妊手術を受けたとして、国に「不妊手術の強制」を告発した仙台市の女性を中心に説明されていたのでした。

 この女性は飯塚淳子という仮名だったのでよくわからず、歯がゆい感じがしたのでしたが、こうした仮名は他の多くの放送、記事でも共通に使われている「活動仮名」とでもいうべきものであると気付き、少し詳しく事実、事情がわかったような感じがするように思えてきました。

 NHKで採り上げていた飯塚淳子さんについては、地元に近い「河北新報」のデジタル記事が詳しいので、これを引用させていただき、比較して、一緒に考えていくことにしましょうか。
またこの記事は飯塚さんのケースだけでなく、旧優生保護法について、(上)、(中)、(下)と分けて論評してくださっています。(論者は報道部の畠山嵩氏です)。


 

<私を返して>旧優生保護法国賠訴訟(上)葬られた生/幸せも夢も無駄に

 旧優生保護法下で強制不妊手術を受けた宮城県の60代女性が30日、国に補償を求める全国初の訴訟を起こす。本人の同意のない手術により全国で約1万6500人、宮城県で約1400人が子を持つ人生を一方的に奪われた。母体保護法への改定後、障害を理由に手術を強いられた人もいる。偏見への恐怖で、これまで声を上げられなかった東北の被害者の実態から、今なお残る優生思想の陰を探る。(報道部・畠山嵩)

◎命ある限り 被害訴える

 愛宕橋(仙台市太白区)を越え、路地に入った先に駐車場が広がる。ここには1962年6月から約10年間、宮城県が運営する強制不妊手術専門の診療所があった。


不妊手術を受けさせられたとする診療所を指差す飯塚淳子さん


 「何も知らされず子どもを産めない体にされた。人生が全て無駄になった」飯塚淳子さん=70代、仮名=は16歳の時、卵管を縛る手術を受けた。軽度の知的障害を示す「魯鈍(ろどん)」が理由。「遺伝性の障害はなかったのに」。今でも怒りで声が震える。

 7人きょうだいの長女として県沿岸部で生まれた。父親が病弱で家庭は貧しかった。民生委員から「生活保護を受けているなら、優生手術を受けないと」とでたらめな説明をされ、中学3年の時に仙台市内の特別支援学校に移された。

 卒業後は知的障害者の職業訓練をする「職親」の下、住み込みで働いた。「他人の子だから憎たらしい」。背中に馬乗りになった職親の奥さんに言われた。ある晩、つらさのあまり逃げ出したが、すぐに連れ戻された。

 63年1月、県の精神薄弱更生相談所(当時)で知能検査を受けさせられた。判定書は「身体的異状認めず」「態度良好」とする一方、「魯鈍」「優生手術の必要を認められる」とも記載。間もなく、行き先や目的を告げられないまま奥さんと愛宕橋を渡った。

飯塚淳子さんの不妊手術を認めた判定書


 診療所には、なぜか父親もいた。言葉も交わさず病室に入ると、注射を打たれた。気が付くと病室のベッドで寝ていた。その間の記憶はない。後日、実家で偶然、両親の会話を聞き、子どもを産めない体になったと知った。

  生理のたびに耐え難い激痛に襲われた。仕事もままならず、介護職の夢も断念した。卵管の糸をほどくため東京都の病院を回ったが、縛るよりはるかに難しく、無理だった。子どもは諦めきれず、23歳の時に養子をもらった。

 「国に補償と謝罪を求める」と決意し、20年ほど前に名乗り出た。日弁連に人権救済を申し立てるなどしたが、国は「当時は合法」の一点張り。他に訴え出る仲間も現れず、独りで声を上げ続けた。

 昨年7月、宮城県在住の佐藤由美さん=60代、仮名=が被害を公表した。「新しい人に出てきてほしかった。頑張り続けたかいがあった」。涙が止まらなかった。由美さんは30日、国に補償を求める全国初の訴訟を起こす。

 自分は訴訟に参加できない。手術理由などを記した「優生保護申請書綴(つづり)」を県が焼却処分し、証拠がないためだ。左胸には乳がんを抱えるが、訴訟に懸ける思いは誰よりも強い。

 「人生を奪った国はきちんと責任を取るべきだ。自分が死んでも被害者が国を追及できるよう、命ある限り被害を訴える」

[強制不妊手術]  「不良な子孫の出生防止」を目的に1948年施行の優生保護法の下、母体保護法に改定される96年まで実施された。優生保護法4条は遺伝性疾患を持つ患者に、都道府県設置の審査会が認めれば本人の同意なく不妊手術をできると規定。12条は遺伝性疾患以外でも、保護者の同意と審査会の決定があれば手術ができるとした。53年の国の通達は、手術のために身体拘束や麻酔の使用、被害者をだます行為も認めていた。

2018年01月21日日曜日

 こうした記事や報道は、強制不妊手術をさせられたという当事者の名前が仮名になっていたので、実際の事実がどうであったのか、またその信憑性が、どの程度あるのか、わからなかったのでした。
しかし「事実そのもの」こそが一番大事なことなのです。

 ところで、NHKのクローズアップ現代+「”不妊手術をしいられた”〜追跡・旧優生保護法〜」においても、飯塚淳子という仮名であり、この「河北新報」と同じ仮名が使われていたのでした。冒頭に述べたように、これは、いわば「活動仮名」とでも言うのでしょうか。だとすれば、この2つを比較して矛盾がないかなどを調べてみることが出来ます。

 NHKのこの番組では、詳しい説明は無いものの、申請書と思われる写真が掲載され、そこには「職親委託可」「魯鈍」「内因」、「優生手術の必要(内因薄弱)」「小頭症」「白内障なし」「礼儀態度良好」という記述が読み取れます。

 ところが、上の「河北新報」では「優生保護申請書綴(つづり)」を県が焼却処分し、証拠が無いとし、また「判定書」には、「身体的異状認めず」、「態度良好」とする一方、「魯鈍」、「優生手術の必要を認められる」と記載されていると主張しているわけです。


これはNHKの下の書類と同じモノと思われるのに、敢えて、無理に「内因」と書かれている個所などを削除しています。

 「河北新報」では飯塚淳子氏には遺伝的疾患が無いことを強調し、そうした女性に対して非人道的な法律に基づいた強制不妊手術をおこなった国は、「謝罪して賠償しろ」と主張したいらしいように思われます。

 NHKの番組では背景に、上でお見せした写真が映りますが、「小頭症」などについての説明は一切無く、またNHKには無くて、河北新報に見られる記述には以下のモノがあります。

 7人きょうだいの長女として県沿岸部で生まれた。父親が病弱で家庭は貧しかった。民生委員から「生活保護を受けているなら、優生手術を受けないと」とでたらめな説明をされ、中学3年の時に仙台市内の特別支援学校に移された。

 卒業後は知的障害者の職業訓練をする「職親」の下、住み込みで働いた。「他人の子だから憎たらしい」。背中に馬乗りになった職親の奥さんに言われた。ある晩、つらさのあまり逃げ出したが、すぐに連れ戻された。

 63年1月、県の精神薄弱更生相談所(当時)で知能検査を受けさせられた。判定書は「身体的異状認めず」「態度良好」とする一方、「魯鈍」、「優生手術の必要を認められる」とも記載。間もなく、行き先や目的を告げられないまま奥さんと愛宕橋を渡った。


 診療所には、なぜか父親もいた。言葉も交わさず病室に入ると、注射を打たれた。気が付くと病室のベッドで寝ていた。その間の記憶はない。後日、実家で偶然、両親の会話を聞き、子どもを産めない体になったと知った。
  生理のたびに耐え難い激痛に襲われた。仕事もままならず、介護職の夢も断念した。卵管の糸をほどくため東京都の病院を回ったが、縛るよりはるかに難しく、無理だった。子どもは諦めきれず、23歳の時に養子をもらった
 「国に補償と謝罪を求める」と決意し、20年ほど前に名乗り出た。日弁連に人権救済を申し立てるなどしたが、国は「当時は合法」の一点張り。他に訴え出る仲間も現れず、独りで声を上げ続けた。  
(太字は筆者による。)

 つまり、NHKの番組と河北新報の記事とを合わせてみると、7人きょうだいの長女ということで、「貧乏人の子沢山」というような家庭に育った。
どこも貧しい時代であったにしろ、父親が病弱で働けず、為す術もなく、生活保護を受けていた。そうした中で長女が小頭症で遺伝的かどうかは不明であるが、それを原因とするであろう、つまり内因的な知的障害児であったため、家庭では養育することが出来ず、飯塚さんは、中学3年の時に、親元を離れて仙台の特別支援学校に移らされることになり、そこを卒業後も自宅には引き取られず、そのまま知的障害者の職業訓練をする「職親」のところで、住み込みで働くことになった。
民生委員から「生活保護を受けているなら、優生手術を受けないと」と説明をされたというのは本人の言い分だけのことであり、民生委員の方は、家庭が貧しく、まして知的障害の長女がいれば生活が大変だし、他のきょうだいの結婚問題などにも良い影響は与えないからと、親元から離れた仙台の特別支援学校に入れるように骨を折ってくださったのでしょう。むしろ、それを父親が強く望み、頼み込んだ結果なのでしょう。

 生活保護を受けている親が自分たちでは育てていけないということで、娘を手放し、仙台の特別支援学校に預けたわけです。いわゆる「口減らし」、「厄介払い」だったわけで、卒業後も親は引き取ることが出来ず、「職親」に預けたわけです。
たしかに、「職親」という制度は中途半端なところもあり、児童に性的な暴行を加えたりなどする事例などもあったようですから、「職親」の奥さんにひどい、つらい目にあわされたということもあったかもしれません。また反対に飯塚さんが、奥さんをひどく怒らせるほど悪いことをしたのかもしれません。

  (尚、最近でも京都、下鴨神社近くの児童養護施設「迦陵園」に入所していた17歳少女に54歳の施設長・松浦弘和が性的イタズラをしたという報道も見られたりもしましたね。残念ながら、こうした事件はいつでも起る可能性があるわけです。NHKの職員にも独身女性の住居に忍び込み、強姦をする常習犯がおり、逮捕され、話題になりましたね。
尚、「迦陵園」は知的障害児ではなく、親からの虐待や死別、経済的理由などの理由で入所する気の毒な子どもたちを支援するとして、預かっているようです。)

 多分、通常は義務教育を終了したら、「職親」に住み込む前に知的障害児かどうかを判定する申請をするのでしょうが、その前に既に特別支援学校に在学していたわけですから、「職親」のところには、そのまま移って、住み込み出来たのでしょう。
NHKでの申請書と思われる書類に「職親委託可」の後の黒塗りして隠されている部分には、「現在、既に職親の下にいる」などの文言があるのでしょうか。職親の実名が記入されているのかもしれません。
また「判定書」の「職業訓練可能性其の他」の欄が斜線で消してあるのも同じ意味なのでしょうか。もう訓練中なのですから・・・。「職業の適性」も多分読み難い字ですが、「家事手伝」とあるのでしょう。
或いは、職業訓練は、「しても無理、無駄」で、「家事手伝い」が精一杯だという意味なのでしょうか。

 少なくても、河北新報の主張する「身体的異状認めず」という内容は、何処にも見当たりません。

 職親の奥さんにひどく叱られたのも、憶測すれば、「職親」に無断で外出したり、どこかの男と遊んだりしていたからではないのでしょうか。
奥さんも「他人(ひとさま)の子」を預かっているという責任がありますから、強く叱責したのでしょう。
「他人の子だから憎たらしい」のではなくて、「他人(ひとさま)の子」だから「強く叱っているのよ」ということだったのでしょう。
そうでないと日本語の意味が少しおかしいということになります。

 万一のことがあれば、責任を取れないということで、父親に相談した「職親」は、父親の希望で、強制不妊手術専門の診療所に連れて行き、不妊手術を受けさせたというのが真相なのでしょう。
「職親」が勝手に不妊手術を受けさせるということは勿論出来ず、「父親の同意の下で」手術がおこなわれたわけで、父親が診療所にいたのは当然のことでしょう。父親の立会いの下、手術はおこなわれたのでした。
「職親」も診療所で飯塚さんを父親に引き渡した後、そのまま帰ってしまい、父親は手術後は自宅に連れ帰ったようですから、職親のほうも職業訓練をしても無理だと愛想をつかしていたのでしょうか。

 尚、子どもを諦めきれず、「23歳の時に養子をもらった」とのことですが、遺伝性かどうかは別にして、知的障害の女性が養子をもらうことは出来たのでしょうか。しかもシングルガールが・・・。

 あっ、そうでしたね。河北新報には書いていないですが、NHKのクローズアップ+には20歳代、と30歳代の時に結婚したということでしたね。
結婚が破綻したということですから、この養子は現在一緒に暮らしているのでしょうか。
肝心なことは何も報道しないのです。
事実を隠せば、何もわからないのです。またネットの毎日やワセダクロニクルの記事には3度結婚したと記載されていました。毎日のほうはお決まりの「有料」ということで読めませんので、クロニクルの記事の一部を貼り付けておきます。

 これによりますと、仙台の特別支援学校に入っていた時、「帰りたい」と手紙を送ったとき、父親は「お金がかかるから帰ってくるな」と返してきたということです。可哀想な話です。父親に棄てられたのです。国から賠償金を取るという話になど繋がらないのです。

 あっ、NHKは「NHK1.5チャンネル」というところで、ネット動画を流しています。

飯塚さんと養子と前夫
飯塚淳子さんと養子


 それによれば「飯塚さんは21歳で結婚し、知人の紹介で養子を迎えるが、実の子どもを産めないことで夫婦の溝が広がり離婚」とあります。これは「飯塚淳子 養子」でググると出てきます。「途中から主人は出て行ったし、私もうちから1年で追い出されたって言うかね、さらに不妊手術の後遺症で寝込む日が続き、養子を施設に預けざるをえませんでした」

 そういうことなら、時々、この養子に会いに、施設を訪れ、成長するのを楽しみに過ごせば良かったのに・・・。知人も無責任に養子を紹介するな、腹立たしい。
また主人が途中から出て行って、飯塚さんは不妊手術の後遺症で寝込む日が続き、うちから1年で追い出されたということは、何処に住んでいたのか。主人の実家か、借りていた家か、アパートか、その間どうして生活していたのか、食べていけたのか。
養子を施設に預けざるをえないのはわかるが、本人がその後どうして生活していけたのか、説明が一切ありません。

 NHKも河北新報も「後日、実家で偶然、両親の会話を聞き、子どもを産めない体になったと知った。」ということでありましたが、ネットで「47News」というのがあり、これには「後年、父からの手紙に不妊手術の経緯が書かれていた。『至急手術するよう話があったので、印鑑を押せと責められてやむなく押した』」ということになっています。


「『強制不妊手術』 「私の体を返して」 人生変えた半世紀前の体験」 47News

 半世紀前の体験が、その後の人生に重くのしかかった。「私の人生を返してほしい」。旧優生保護法に基づき不妊手術を受けさせられたとして、人権救済の申立てに踏み切ることになった宮城県の60代の女性は訴える。

 県内の山村で7人きょうだいの長女として育った。女性の話によると、中学3年の時、知能検査の結果を基に知的障害者のための福祉施設に入所させられた。卒業と同時に職業訓練のため「職親」の家に住み込みで家事をするようになった。

 「出かけるから、ついておいで」。ある日、そう声をかけられ外出。公園でおにぎりを食べた後、橋を渡った所にある診療所に連れて行かれた。

 そこには久しぶりに見る父の姿があった。医師に何をされたのかは分からないままだった。

 その後、自宅で暮らすようになって両親の会話を偶然聞き、自分が不妊手術を受けさせられたことを知った。

 父が東京で就職先を見つけてくれ、上京。町工場でミシンがけをしたが体調不良で長続きせず、事務や飲食店の仕事を転々とした。

 不妊手術のことがいつも心の重荷だった。「子どもを産める身体になりたい」と医師にも相談したが、悩みが解決することはなかった。

 後年、父からの手紙に不妊手術の経緯が書かれていた。「至急手術するよう話があったので、印鑑を押せと責められてやむなく押した。

 女性は1990年代になり、旧優生保護法の非人道性を訴える市民グループとともに、国に真相究明を求める活動をするようになった。

 手術の痕は今も体に残る。なぜ自分は手術を受けさせられたのか。今も、その答えを探し続けている。

(共同通信) 2015/06/21 12:35

 こういう弁解ができるように、強制手術ということにしてあるのです。「小頭症」というのは、感染症でもあり、遺伝子異常によるものもあるそうですが、本人が、自分と同じ病気の子ができれば嫌だと思えば、配偶者の同意を得れば、指定医に申し込めば、不妊手術、中絶手術が可能だったのです。
また、本人が未成年であったり、精神障害者、知的障害者であれば、親が同意すれば不妊手術は可能だったのでした。

 中学3年の時、知能検査の結果を基に、知的障害者のための福祉施設に入所させられた、と書いてありますが、中学3年になると学校の勉強にもついていけず、そうかといって、仕事をしていない父親が勉強をみてやることもかなわず、知能検査を念のために受けさせた上で、施設に送り込んだということでしょう。

 ちなみに「小頭症」は当時、優生保護法のリストで言えば、「六、強度な遺伝性奇型」の一つとされていました。

 このグループにはどんなものがあるかと、並べてみましょうか。「裂手、裂足」、「指肢部分的肥大症」、「顔面披裂」、「先天性無眼球症」、「嚢性脊髄披裂」、「先天性骨欠損症」、「先天性四肢欠損症」、「小頭症」。

 程度によっては、生まれてくる子どもが、こういう病気を持っているとわかれば、たいていの人は中絶を望むのではないでしょうか。 ですから、望めば中絶できる」ということになっていたのです。絶対に中絶することは「まかりならぬ」ということであれば、むしろこちらの方が「人権侵害」となるでしょう。

 また本人、また配偶者がこういう病気であれば、自分たちの子にも遺伝するのではないかと恐れ、望むなら不妊手術をしてもいいですよと認めたのも優生保護法なのです。これを任意の不妊手術と呼んでいたのです。

 強制手術は精神病や白痴などで子どもを生んでも育てられない人については、子どもを養育するという義務も果たせないから、子どもを生むという権利を与えてはいけないという理由から、本人の同意なく、審査会で「適」と判定されれば、手術出来るように決められていたのでした。親は勿論同意したのです。

 職親の奥さんには酷いことをされたという、飯塚さんの言い分のみが書かれていますが、先の「出かけるから、ついておいで」。ある日、そう声をかけられ外出。公園でおにぎりを食べた後、橋を渡った所にある診療所に連れて行かれた。」などという個所を読むと、仕事には向いていないということで、お払い箱にして、父親に引き渡す前に、公園に行って、最後の食事を、おにぎりを用意して、一緒に食べたなどということですから、情の厚い方だったのだなあと感じます。

 飯塚淳子さんは1990年代になり、旧優生保護法の非人道性を訴える市民グループとともに、国に真相究明を求める活動をするようになったとありますね。

 新里宏二弁護士らのカモとなったのでしょうか。この弁護士など政治に無関心な私のこと、名前も知らなかったのですが、前々回、たまたま桜井充議員の態度の悪さについて書いておりましたが、この新里宏二はこの桜井充を参議院選挙候補の時には応援演説をしているようですね。

 共産小池や立憲民主枝野などのお友達ということです。

共産小池や立憲民主枝野の仲間・新里宏二弁護士
出典  https://www.youtube.com/watch?V=0JuTD0VnDMc

 旧優生保護法の不妊手術に対する必死さには違和感を感じざるを得ませんが、まあ、わかりました(笑)。

 知的障害者にしては20年も、訴え抗議し続けるのも不自然な感じがします。飯塚さんは、たしかに放送や記事で知るかぎりでは、そんなにひどい知的障害者だとは思えません。
ただ資料から、「内因性」とか「小頭症」とかを隠して、消してしまうから不審に思えるのです。勿論、説明しないのも同罪です。
この共同通信の記事は3年前のものですから、まだ飯塚淳子という活動仮名は無かったのでしょう。名前には触れておりません。

 手術の痕は今も体に残る、なぜ自分は手術を受けさせられたのか。今も、その答えを探し続けている。ということですが、父親が病弱で、貧乏な上に7人の子沢山。おまけに長女は「小頭症」、それを原因とする「魯鈍」・・・。
育てることも出来ず、特殊支援学校や「職親」に任せっぱなしにしていたので、妊娠でもされたら困るということで無料で、国に不妊手術をしてもらったということでしょう。

 私はむしろ淳子さんの養子となった子が元気に暮らしているのかのほうが気になります。
もし上手く行っていなかったなら、この人に慰謝料を少し出してあげればなあと思ってしまいます。しかし、この養子も50歳ぐらいになっているのでしょうか。

 淳子さんはNHKで見る限り、普通に裕福に暮らしておられるようです。賠償金などとんでもないことです。

 どうやって生活しているのでしょうか。一人暮らしの割には、大きな冷蔵庫を置いていて、毎日、左寄りの人たちとパーティをしているのでしょうか(笑)。少なくても、そのように考えてしまうほどの奇妙な裁判です。

 しかし、父親が望んでいなかったなら、不妊手術は避けられたかもしれない程度の障害者だったかもと思えてくる感じもします。小頭症について隠したりせず、説明していれば、こちらの捉え方も違ったかもしれません。

 前回、WEBにアップして10日ほど後のこと、何の番組かは覚えていませんが、偶然テレビのスイッチを入れたら、小頭症の子どもを持つ父親が出ていました。頭の後ろの骨をスダレ状(だったか?)に切除して広げるとかいうことでした。恐ろしい病気です。幼い男の子だったと思いますが、知恵遅れがわかるような顔でした。
障害児でも親から見れば可愛く思うかもしれません。それでもこの子が子どもを生むのは避けたいと思うことでしょう。

 まして戦後の病弱の父親の子沢山の生活保護の家庭の内因性知的障害の子です。せめて不妊手術をしてもらいたいというのが親の希望だったのでしょう。「仙台の特別支援学校」に送り、「口減らし」ができたと喜んでいた父親、「お金がかかるから帰って来るな」と淋しがる娘に返答した父親です。
親としては残りの6人のきょうだいの結婚問題がスムースに進むことを望み、淳子さんの存在を隠してしまいたかったのだろうと、推察します。どこも6人のきょうだいについては何も触れませんでしたね。勿論、実名を出したりする必要はありませんが、つきあいがあるのかどうかぐらいは述べてもいいのに、と思ったことでした。

 京都では岩倉という北東にある辺鄙な土地、今は鉄道や車を利用できますので、住宅地になっていますが、明治時代の中頃までは不便で、その地域の人は働きにも行けず、農作物を売りにも行けないので、身分の高い人や金持ちの商人の子や縁者の知的障害者を預かって、生活をしていたそうです。
村の多くの家が、今で言う保養所や介護所を営んで生計を立てていたということです。当時は茶屋と呼んでいたようです。軽い障害者は慣れれば、扱いは比較的に楽でしょうし、可愛くもありましょうが、暴れたりする者には力士や強力と言われる者が監視するわけでした。幕末に、岩倉具視が幽閉されていたのも、この地の近くでした。

 小頭症は感染症を原因とすることも遺伝子異常を原因とすることもあるようです。ざっくり言って、骨の病気でも脳の病気でもあるようです。頭蓋骨が大きくならないために、脳が圧迫されて大きく成長しない場合と脳自体が小さい場合があるというのです。後者は現在でも治療方法は無いようです。

 飯塚さんの場合は何回か結婚しているようですから、極端に外見からは判断しにくい程度の障害なのでしょうか。
 中学校の担任の先生からの手紙もすらすら読んでいましたので、本当に映像が本人なら軽度の障害なのかもしれません。

 しかし中学校の担任の先生には、責任はないのですから、その手紙を一部だとしても、信書なのですから、先生に無断で放送してしまうNHKの放送局としての感覚には驚いてしまいます。
「そこまでやるか、NHK・障害者の子どもの顔写真と実名を放送」で、批判しておいたのに、懲りていないのですね。

 何故自分が不妊手術を受けなければならなかったのかと、責任の無い当時の先生に問い続けてきた飯塚さんに、丁寧に手紙を書いて、返事を出した先生に、その返事の内容が気に食わないと怒り狂う飯塚さんに同調して、先生を悪者に仕立てて放送するなんて、NHKは何を考えているのでしょうか?

 先生からの手紙とは  ”周囲の人たちは皆、あなたの幸せを望んでいたはずです。それが結果として、あなたに大きな不幸をもたらしたことは本当に残念でなりません。善意が裏目にでたことに大きな衝撃を受け・・・”というようなものだったのです。

 この番組を見た先生は、自分が悪者にされてしまっているのを知り、深く傷つかれたことでしょう。

 3回も結婚しているのに、すべて破綻しているわけですから、実子が出来なかったことだけが、破綻の原因とも思えません。やはり飯塚さん本人に原因があるのでしょう。実子が出来なくても、仲良く暮らしている夫婦などいくらでもおられますし、実子がいても破綻してしまった夫婦もザラにいます。


 余談になりますが、多分、創価学会の脳科学者こと中野信子氏については以前、頭の大きい女性だなあと驚いたことがありましたが、大頭症というのでは勿論ないでしょう。
ネットで知った情報では「髪は金髪に染めている」ので、学者の立場で通さなければならない時には、地毛をスッポリ隠す黒髪の全カツラをかぶっているのだそうです。
頭の外周、容量だけで知能の良し悪しは判別できませんが、極端に小さい場合は脳も小さいということは想像できます。反対に頭が大きくても、脳が小さければあまり知能の程度が高いとは言えないでしょう。
たとえば福助足袋の商標マークも、少しは福々しく見えたとしても、賢そうには見えませんからね(笑)。

 尚、中野信子氏が効用関数ということを口にしているのをテレビで聞いたことがありましたが、脳科学では、経済学と違って、意味のある効用関数を得ることができるのでしょうか。

 前に取り上げたザック博士がスカイダイビングをして、着地直後の博士の血中のオキシトシン濃度を調べるという馬鹿げた実験で、博士は「他人に命を預けた時、オキシトシン細胞の活動がどうなるのか見ているのです」と述べていたように、科学とは縁遠いものも多そうだからです。

 しかし、これもテレビで見たのでしたが、見たものをそのまま、網膜に写った像をそのまま取り出せるというようなことが事実なら、脳科学も面白いかもしれませんね。しかし過去に妄想したことがすべてコンピューター上で他人に見られたら嫌ですね。

 飯塚淳子さんのケースはこれで終わりにしておきます。プライバシーの問題は当然秘匿するべきでしょうが、そうでないことは、事実として詳しく報道しなければならないことなのに、苦々しい思いがします。
仮名を使っているのはそのためでしょうに、仮名だからどうせ分からないからとウソをつくのは駄目なのは言うまでもありません。
 尚、ネット上で、宮城県の判定記録の一部と思われる書類で、説明無しにNHKの番組の背景に映っていたとしてお示ししたものより、わずかとは言え、少し広い範囲で映っていた書類(公文書)を見つけましたので、不鮮明ながら掲載しておきます。(この赤字分は、2018年8月10日に追加しました。)

「精神薄弱者」、「魯鈍」、「内因」
1.「職親委託可 (黒塗り)」
2.「優生手術の必要(内因薄弱予防)」
3.「小頭症」、「白内障なし」、「視力 1,0 普通」
  「礼儀態度良好」


<私を返して>旧優生保護法国賠訴訟(中)偽りの台帳/本人同意なく手術

◎強制的で人権を無視

 「お姉さん、何運んでいくー」。宮城県内の自宅で昼食の支度をしながら、佐藤由美さん=60代、仮名=が同居の義姉路子(みちこ)さん=同=に元気良く声を掛ける。「お茶わん頼むね」と路子さん。実の姉妹のように仲の良い2人は、国と闘う同志でもある。


 由美さんは、1歳で受けた口蓋裂(こうがいれつ)手術の麻酔が原因とみられる重度の知的障害があり、込み入った会話は難しい。30日、旧優生保護法による不妊手術の補償を国に求める全国初の訴訟を仙台地裁に起こす。意思をうまく伝えられない由美さんに代わり、路子さんが支え続けて提訴に至った。

 優生手術台帳によると、由美さんは15歳の時、県内の公立病院で不妊手術を受けた。路子さんがその事実を知ったのは1975年に嫁いできた直後。風呂に入る由美さんに、へその下から縦に10センチ超の傷があるのを見つけた。

 義母から不妊手術による傷だと説明されたが、詳細は分からずじまい。義母は2年前に亡くなり、手術の理由を知る人がいなくなった。「なぜ手術する必要があったのか」。疑問が常に頭を離れなかった。2015年、強制不妊手術の被害を訴えていた飯塚淳子さん=70代、仮名=が日弁連に人権救済を申し立てたことを知り、「妹も同じだ」と気付いた。17年6月に手術に関する資料の開示を県に請求。翌7月に開示された台帳を見て、怒りがこみ上げた。

 「遺伝性精神薄弱」。申請理由の欄に、そう記されていた。由美さんの障害は口蓋裂手術が原因で、他に精神障害のある親族もいない。併せて請求した医学判定記録の成育歴には、遺伝性負因は「陰性」と明記されていた。「台帳と違う。全部うそじゃないか」。憤りを隠せなかった。

 由美さんは22〜23歳の頃、地域の知り合いを通じて縁談話が持ち上がったが、子どもが産めないことを理由に破談になった。30歳前には卵巣膿腫で右卵巣を摘出。医師には不妊手術が原因となった可能性を指摘された。「妹は卵巣摘出まで日常的に『おなか痛い』と言っていた」と振り返る。

 優生保護法が母体保護法に改定されて20年が過ぎた今も、地域の人から「障害者はどうやって生活しているんだ」と言われることがある。法律から障害者差別の言葉が無くなっても、障害者を差別する思想は残っていると実感する。

 「問題は本人の同意なく強制的に、未成熟の段階で手術されたことだ。人権無視以外の何物でもない」と語る路子さん。「裁判を通じて実情を訴え、障害者が生きやすい社会につなげたい」と誓う。

[優生手術台帳]  強制不妊手術の対象者の氏名や住所、手術申請理由、手術場所といった個人情報が記された書類。優生保護法施行以降の優生保護申請書綴(つづり)や優生手術審査会関係綴の内容を転記した物で、永年保存することになっている。宮城県は台帳を保存しているが、1962年度分の申請書、審査会の両綴を誤って焼却処分したため転記できず、現在は63年度以降の台帳しか残っていない。

2018年01月22日月曜日

 このケースは、同じ河北新報のシリーズの続きの記事(中)です。これをたまたま見つけて前回、この私のページの最後に感想を書いていたのでした。勿論仮名ですが、活動仮名ということで他の報道や記事でも使われているようです。この原告の義姉は欲深で呆れるばかりです。

 生まれた時に、口蓋裂であったため、約1年後におこなわれた治療手術のために行われた全身麻酔によって知的障害者になった原告は、もし賠償を要求するのであれば、親がこの病院に要求すべきであったのに、多分親はしなかったのでしょう。飯塚さんの件を知って、この義姉は事情も知らないくせに、あろうことか国に謝罪と賠償を求めたのです。

 遺伝性の疾患でもないのに、年頃になって、おもちゃにされて妊娠したりするのを恐れた親に必死に頼まれたので、国としては申請書に書かれている「遺伝性精神薄弱」が虚偽であるのを知りながら、不妊手術をしても何の得にもならないし、また何の義務も、必要も無いのに、可愛そうに思って無料で不妊手術をしてあげたのに、この結果ですから、国としては割の合わないことです。

 日本人ならわかるはずです。強制不妊手術の「強制」というのは、親の後ろめたさを隠すための言葉なのです。
 本人の同意無く手術したと責めますが、知的障害者に判断ができますか?
今回の裁判でも本人は何も出来ず、代わりに義姉が人権弁護士と組んで国から賠償金を分捕ろうとしているのです。おまけに義姉は自分の子や孫には知的障害の遺伝子は無いのだということを世間に広くアピールしているのです。

 尚、MBSの番組では優生手術関係の書類の保存期間は10年と言っていましたよ。どちらが本当なのでしょうか。

 そう思っていたら、私のDVDレコーダーの中に、NHKニュースの一部を録画していたのが保存されているのに気が付きました。
最近京都の資料館から強制不妊手術関係の古い資料が見つかったということで、「昭和33年、強制優生手術関係綴」、「優生保護相談所関係綴」など合計5冊がNHKテレビで2018年5月23日の「京都ニュース845」で、表紙が映りましたが、赤い字で「10年保存」と書いてありました。

京都資料館に保存されていた優生手術関係資料。保存期間は10年と明記

 これらの資料は厚生労働省の要請を受けて、府が府立京都学・歴彩館に保存していた未公開の資料を調査し、4月に見つかったのだそうです。
何故、5月23日のニュースで採り上げられたのかと言えば、この日は強制的な不妊手術に関して、京都弁護士会が無料の臨時電話相談を行ったからでした。この電話相談は各地の弁護士会が全国一斉に行ったもので、京都でも午前10時から午後5時まで受付けたが、相談者は1人だけに留まったということでした。

 (不妊手術は当時喜んで受け入れられていたのですから、補償を求めるという発想が起きないのでしょう。家族の中に不良な遺伝子が存在するかもしれないことを、やっと隠せたのに、何で今更名乗り出なければならないのか。
名乗り出る者は胡散臭い奴だけということでしょうか。)

 このニュースでは、「強制優生手術関係綴」には不妊手術を受けた12人の男女の名前などが書かれた「手術の申請書」や「実施報告書」が個人が特定出来ないように加工されて、12人について「精神分裂病」などと診断されたことを理由に強制的に行ったことが明記されており、また手術を受けた人の家系図や、親族の病歴や経済状況なども書かれているほか、府衛生部長・京大などの精神科の教授・裁判所の判事などで構成された「優生保護審査会」が手術を決めていたことが記載されているということでした。

 何も、疑念など無いではないか。手術が公益のために必要か、丁寧に調べた上で決定しています。

「10年保存」すれば良かった資料で、本来消却処分しておくべきものを、消却し忘れたものを探し出し、人権派の弁護士のおいしい仕事を作り出そうとしているのが丸分かりで、腹立たしい限りです。「誤って焼却処分した」だとウソまでついてのでっち上げなのです。

 私の近所にも知的障害児がいて、座敷牢に入れられていたそうですが、誰も口にする者はいませんでした。最近になって、もうその家族は引っ越しして、いなくなったので、「その子が窓から顔を出して、のぞいていた」と私と同世代の人が話をしてくれたことがありました。
私は呑気な子どもでしたので、その存在も当時知りませんでした。
そのような家族としては、そうした障害児が家族の一員として、存在していることを外部に知られることが一番嫌だったのです。きょうだいなどの親族が結婚したり、子どもを産んだりしにくくなるからです。この家は金持ちの家でした。余裕がある家なので、座敷牢を設けることができたのです。
私は、この子が不妊手術を受けたかどうかは知りませんが、世の中が落ち着いてきた頃に入所施設に預けたのかなとも思います。不明です。


 

<私を返して>旧優生保護法国賠訴訟(下)消えぬ差別/子ども 欲しかった

◎健常者との間 まだ高い壁

 使い古された2003年版の茶色の手帳。11月のページを開くと、26日の欄に鉛筆で書いた「手術」の二文字がある。避妊のためのパイプカット手術を受けた日だ。
 「子どもが欲しかった。だから結婚もした。手術は自分に対する殺人行為だ。忘れられるはずがない」

 岩手県に住む高橋功さん=60代、仮名=は、兄夫婦から精神障害を理由に手術を迫られた。優生保護法が母体保護法に改定され7年がたっていた。「障害者には子どもを育てられないという考えが絶対にあったはずだ」と推し量る。

 高校3年の時、統合失調症を発症。いじめなどが原因で幻覚を見始め、入院を余儀なくされた。高校卒業後は県内の大学に進んだが、なじめなかった。病状が不安定になり、半年もたたず退学した。

 母親が営む酒店の手伝い、機械を使ったプレス作業、役所の臨時職員、季節工…。生活のため、入退院を繰り返しながらできる限りの仕事に就いた。

 40代の時、当時勤めていた製作所で出会った女性と結婚を考えた。女性は統合失調症を患い、似た境遇。女性の両親も了承し、1995年に同居を始め、97年に披露宴を挙げた。

 「子どもはつくるな」「籍は入れるな」。幸せな家庭を築こうとした矢先、兄夫婦は容赦ない言葉を浴びせた。仕方なく内縁関係を続ける中、女性は妊娠。1週間で流産した。兄夫婦の強い勧めで、女性は卵管を結ぶ不妊手術を受けた。ショックで病状が悪化し、再び入退院を繰り返すようになった。

 「パイプカットしないと一生入院させる」。披露宴から6年後、入院先で兄夫婦が主治医に告げた。同席したケースワーカーの女性も「とにかくパイプカットしなさい」と迫った。盛岡市の病院に移り、病室を訪れた兄夫婦と母親に無理やり同意書に印鑑を押させられた。

 2003年11月26日。車いすに乗せられて手術室に入り、局所麻酔をかけられた。暴れると、もっとひどい仕打ちを受けると思い、抵抗しなかった。「障害者は結婚も子どもをつくることも許されないのか」。絶望した。

 男性は今、生活保護を受けながら1人で暮らす。宮城県の佐藤由美さん=60代、仮名=が国に補償を求めて提訴することは知っている。被害者は声を上げるべきだし、国と闘うべきだと思う一方で、自分は優生保護法に基づいて手術されたわけではない。常に「救われない」との思いに駆られる。
 「法律が変わったのに、手術を強いられたのが悔しい。健常者と障害者の間には、まだ高い壁がある」


[母体保護法]  旧優生保護法が目的として定めていた「不良な子孫の出生防止」が障害者差別に当たるとの強い批判を受け、同法を改定する形で1996年に制定された。「目的」の条文から優生思想に基づく部分を削除したほか、知的障害や遺伝性疾患を理由に認めていた本人の同意に基づかない不妊手術など、優生思想に関連する規定も全て除かれた。

2018年01月23日火曜日

 このケースは、優生思想と解釈されかねない条文などをすべて除かれた後の話です。誤解されかねない条文、規定も無くなってしまった後、双方とも統合失調症である男女が同棲したが、双方とも精神病院に入退院を繰りかえし、同棲も継続不能となり、男性は盛岡市の病院に入院中、病室に現れた母親と兄夫婦に「本人が不妊手術を希望するという旨の書類」に押印することを迫られたということで、家族間の話ということになります。
旧優生保護法とは関係無いケースです。

 知的障害者でなくとも、子どもができなくなる病気もあるわけで、国を責めて賠償を取るなどという話とは最初から無関係です。

 国はこの男性に、生活保護費を支給してくれているのです。それに感謝をしないで、謝罪と賠償を要求しようとするなんて、やはり精神が狂っているのではと思ってしまうほどです。病気になったことには気の毒に思うのですが・・・。


 前回、MBSの「報道特集 旧優生保護法 北海道で何が」において、背景にチラット精神障害者の家系図なるものが映りましたが、読みきれなかったのでしたが、番組は何も説明せず、「差別的な表現」としただけでしたが、この個所の一部をワセダクロニクルというグループが書き写してくれていますので、ここに引用貼り付けしておきます。多分1956年北海道庁の作成になる冊子の一部だと思われます。

家系図つきで遺伝性の強度の精神病を説明

 丁寧に調べて、その上で、本人たちのため、社会的な公益性のために、優生保護法に基づく不妊手術をおこなってくれていたのがわかります。

松原洋子立命館大学大学院のセンセー

 立命館大学大学院の松原洋子教授は前回、お示しした報道ステーションの中で、「遺伝的であるかどうかを確かめるのは、非常に難しいところがある」と述べていましたが、だからこそ社会的な公益性のために必要とされる強制不妊手術の、特に「顕著な遺伝的な精神薄弱者」などの判定には、家系図を描いたりして、遺伝性かどうかを、審査会が念入りに調査してくれていたのがわかります。

 「先天性聾や遺伝性難聴」も優生手術のリストに入っていましたが、それは本人と配偶者が望めば不妊手術が可能ですよということなのです。本人が未成年の場合は、親が同意すれば手術をしてあげますよということなのです。
無闇勝手な中絶手術や不妊手術をしてはいけませんが、このリストに挙げられている疾患の場合は、本人が「自分と同様な子ができれば可哀想だから」、とか「育てていく自信が無いので、不妊手術を受けたい」と思えば、配偶者の同意を得て、指定医に頼めばOKですよとしたわけです。
それが証拠に番組登場者の名前と顔を出した聾同士の夫婦は3組とも、手術をしていなかったのでしたね。強制ではなかったのです。

 優生手術のリストに含まれており、且つ手術が公益上必要であると優生手術指定医が認めるときは本人の同意を得なくとも、都道府県優生保護審査会に手術を行うことの適否に関する審査を申請することができる。というものでした。

 「遺伝性精神病」、「遺伝性の精神薄弱」や「強度且つ悪質な遺伝性精神変質症」、「強度且つ悪質な遺伝性病的性格」の者は、本人の同意が無くても審査会が適と判断すれば、指定医に手術をさせたのでした。親の同意は必要だったでしょうけれど・・・。

 何も不合理なことは無いでしょう。


 最後に前回MBSで採り上げられていた「小島喜久夫」さんのケースです。前回も放送以外にも記事にて相当詳しく知ることができました。私は裁判にも出かけられず、事実を知りたいがために、他意無く新聞記事などの一部を引用するだけです。以下は東京新聞2018年5月17日の夕刊からです。

 小島さんは、家に来た警察官に突然手錠を掛けられ、そのまま精神病院に連行されたということです。
小島さんは私より2歳だけ年上ですが、多少悪さをしても手錠を掛けて精神病院に直接連行されるというのは、普通の悪さでは考えられないことです。
反抗すると、頭に電気を流され、鉄格子付きの「独居房」に入れられたというのですから、出来心による万引きなどの犯罪でないのは確実でしょう。医師は個別に問診しなくても、3週間も入院していたというのですから、充分観察し「精神分裂症」と診断できたのでしょう。
おまけに、この人は、手術後病院からスリッパーとジャージー姿で逃げたというのですから、恐ろしい。
その後、タクシーの運転手をしていたというのですから、よくぞ手術をしてくださっていたと全女性に代わって、北海道庁にお礼を申し上げる次第です。

 MBSの番組でも、小島さんは小児マヒで足が少しご不自由のようでした。普通に歩行できるのでしょうが、立ち上がるのに、ちょっと踏ん張る必要があるので、屋内では近くに行くのには、ハイハイして行くほうが楽なのでしょう。

足は御不自由な小島喜久夫さん

 それでも警官に手錠を掛けられて、精神病院に直接連行されるぐらいですから、図体は大きくても、本当に強い男とサシで喧嘩はできないでしょうから、凶器を持って襲い掛かるとか、女性相手に手篭めをしょうとする常習犯か、無断で他人の住居に侵入するなどの常習犯だったのかなどとしか考えつきません。
詳しくわかれば良いのですが、はっきりした事実は不明です。

 小島喜久夫さんは、旧優生保護法の別表のうちの一、遺伝性精神病の内の「精神分裂病」、三、強度且つ悪質な遺伝性精神変質症の内の「著しい性欲異常」または「凶悪な常習性犯罪者」、四、強度且つ悪質な遺伝性病的性格」のいづれかに該当したのだろうと思います。

 不妊手術をしたからこそ、精神病院から解き放たれたのだと思います。尤も小島喜久夫さんは解き放たれる前に、自分からスリッパーとジャージー姿で逃げ出たというのです(笑)。
手術をしたから、タクシーの運転手になれたのだと思います。
多分、警察に当時の記録は残っていると推測されます。どうしても知りたいと小島さん本人が警察に頼めば教えてくれるかもしれません。それをそのまま公開してくれないと、応援する気にはなれません。

 同時に、精神科医の適性に対しても、もっともっと真剣に考えて行く必要があるかもしれませんね。いかがわしいのが多いですから。

親指を立てて威嚇するリカ先生
LGBTにお詳しい針間克己先生
優秀な小学1年生を発達障害児と決めつける困った精神科医・本田秀夫先生


精神障害がある患者の強制入院の要否を判定する「精神保健指定医」資格の不正取得に関しても、よく新聞記事に掲載されますね。 下は共同通信より。 


聖マリ病院医師23人を業務停止

2015年10月1日(木)17時56分配信  共同通信

 厚労省は1日、精神障害がある患者の強制入院の要否を判定する「精神保健
指定医」資格の不正取得に関わった聖マリアンナ医大病院(川崎市)の医師23人
を、業務停止1〜2ヶ月とする行政処分を決めた。9月30日に医道審議会の答申を
受けた。発効は10月15日。

 診断や治療に十分関与していない症例をリポートして提出し、指定資格の審査を
受けたとして業務停止1ヶ月処分になったのは、前泊味音医師(37)や柳田拓洋医
師(35)ら11人。不正なリポートに署名をしたとして指導医の貴家康男医師(50)や
宇田川至医師(51)、田中大輔医師(40)ら12人が業務停止2ヶ月の処分を受けた。

現在でも精神障害がある患者を強制的に入院させることは可能で、これは「措置入院」と呼ばれ、自傷他害のおそれのある精神障害者を都道府県の知事権限で行われる入院のことです。この資格を持つ指定医は強制入院させるのに患者を拘束して連行させたり出来るはずです。
これのほうが怖いですね。
精神保健指定医2名の診断結果が一致した場合に入院させることが出来るそうですが、緊急の場合は1名の診断でも可能だそうです。

 ところで、小島喜久夫さんの場合は、犯罪の結果として警官が自宅まで来て手錠を掛けて病院に連れて行ったか、家族が警察に頼み込んで精神病院に連れて行ってもらったかのどちらかでしょう。後者の場合は包丁で父親などに切りつけたなどというのでない限り、過去に数回父子喧嘩をしたからという程度のことで、手錠を掛けて病院に連行する筈はありません。

 もし、無断で他人の住居に侵入するなどの常習犯などであれば、これを放置することは、女性から「安心して生活をする権利を侵害されている」ということで警察が訴えられるという事態を招くことになってしまうでしょう。小島さんが訴えるような人権侵害行為をあからさまに警察は、しないでしょう。現在でも少女に常習的にワイセツな行為をする男などにGPS装置を着けろなどと論議されますが、当時は不妊手術をするという法律があったのです。

 指定医が当時の法律に基づいて、不妊手術をしたのであれば、警察や病院には過失や責任は無かったわけですし、国にも責任はありません。
今回は、これで・・・。

<先に進む>

<前に戻る>

<TOPに戻る>